マッチングアプリで婚活中、会う前に相性分かる

――皆さんは、現在どのような「婚活」をしているのでしょうか。

Dさん マッチングアプリを使って、いろんな男性に会っています。使っているのは、「Pairs」(ペアーズ)や「Omiai」(おみあい)というアプリです。

Aさん 私も「Omiai」を使っています。このアプリで出会って結婚した友達がいるので、使い始めました。

Bさん 私もアプリには登録しています。今はアプリで出会って結婚する人も多いですよね。

Aさん そうですよね。実は今度、アプリでやり取りをしていた人と会うことになったんです。

Cさん 会おうと思った決め手は何だったんですか?

Aさん メッセージのやり取りがスムーズにできたからです。連絡のペースや店選びのセンスなどが私好みで、日時と場所を決めるときに、ストレスなくコミュニケーションができたので。

Dさん 予定を合わせるときに、ある程度「合う・合わない」って分かりますよね。

Aさん たしかに、メッセージを2往復くらいしたら分かりますね。逆に長々とやり取りをしていても、実際に会ったら「印象が違った」ということも多々あるので、割と早めに会う流れになります。

Dさん 私もアプリを使って、何度かご飯を食べに行ったことがあります。本当はお酒も飲めるんですが、「お酒が飲めない」と言って会うと、ちゃんとしてくれる人が多いですね。合コンのように集団でお酒が入ると、相手が下心を持って接してくることも多いので……。だからアプリは、真面目な出会いにつながりやすいのかなと思っています。

――アプリも今は一つの出会いの手段で、そこから恋愛に発展することも多いみたいですね。

Dさん はい。私はまだアプリを使って付き合ったことはないんですけど、友達の中には彼氏ができた子もいます。

Cさん そうなんですね。私は全く使ったことがなく、婚活も特にはしていないんですよね。

Bさん どうしてですか?

「一人で寂しい」と思ったことがない

Cさん うーん、私は一人であることに対して、「寂しい」と思ったことがないんですよね。「大変だ」と思ったことも一度もなくて。

Aさん 風邪を引いた時とか、誰かにそばにいてほしいと思いませんか? 私はこの前風邪引いたとき、「ダメだ! めっちゃ彼氏が欲しい!」と、心の中で叫びましたよ(笑)。

Cさん (笑)。うーん、私は思わないんですよねえ……。一昨年、趣味のスポーツでアキレス腱を切って、うまく歩けなくなったことがあったんです。その時、一人では水も運べなかったので、いったん実家に帰ったんですけど……。家族はそんな私に、何のサポートもしてくれなくて(笑)。そばに家族がいたらいたで、「水とか持ってきてよ」とか、「もっと気を利かせてよ」と不満に思ってしまうんですよね。だったら、一人で頑張らなきゃいけない状況のほうが、ラクだなと思って。

Dさん 最初から期待しなくていいなら、不満も出てこないですもんね。

Cさん そうですね。でも、別に人が嫌いなわけじゃないんです。趣味でスポーツや音楽活動などをやっていて、プライベートも充実していて楽しいから、一人でも何も困ってないんですよね。

Aさん 今が満たされているから、それほど「結婚」にこだわっているわけではないんですね。

Cさん 「結婚したいか、したくないか」と聞かれたら「結婚したい」んですけど、やることがいっぱいあるので、それどころではない感じなんです。たとえ結婚したとしても、家に帰ってまで不満を持ったり、イライラしたりしたくないので、自由にさせてほしいというか。婚活をして自分から相手を探しに行くのは面倒だから、誰かに見つけてほしいな……と思ってるんです。

――なるほど。「婚活」に対する姿勢はそれぞれなんですね。

「趣味も仕事も充実しているから、一人でも寂しくない。でも、結婚したいかと聞かれたら、やっぱり結婚したい」 (C)PIXTA