たくさんの反響をいただいた本連載「もしもドラえもんの女性キャラが現代のキャリアウーマンだったら」。前回の記事「読者の『しずか・ジャイ子・ドラミタイプ』体験談」に引き続き、読者の皆様から寄せられた声を厳選してご紹介していきます。今回は、しずか・ジャイ子・ドラミの要素が混ざっているタイプの解説と、読者の周りにいる「のび太系男子」のエピソードをお届けしましょう。

*いただいたアンケートは、文章を適宜編集・抜粋して掲載しました

それぞれのキャラの混合タイプと「仮面しずか」

しずかタイプの中には、「仮面しずか」というのがいるのです イラスト/田中小百合

 読者アンケートで複数いただいた質問に「『しずか・ジャイ子・ドラミ―あなたは誰タイプ? 診断表』で複数のタイプに同じくらいの数のチェックが付いたけど、どう解釈すれば?」というものがありました。当然ながら、人のパーソナリティーにはいくつもの側面がありますので、このような混合(ハイブリッド)タイプも当然出てきます。

 「ジャイ子タイプ」と「ドラミタイプ」に同じくらいチェックが付いた方は、文化的な素養と偏差値の高さが適度に同居しています。興味を持った方面のカルチャーにはめっぽう強く、情報感度も高く、その一方で優等生的な側面もあり、バランス感覚にも優れているので、社会からは決して逸脱しません。筆者の個人的な所感としては、編集者に多いタイプです。

 「しずかタイプ」と「ドラミタイプ」に同じくらいチェックが付いた方は、基本的にはお行儀の良い優等生ですが、それが内向きにではなく外向きに発揮された結果、交友関係が広がっています。しずかのチャーミングな一面と、ドラミの地頭の良さが合体しているため、年齢・性別・職業問わず多種多様な人たちに好かれる人気者。イベントの仕切りなどでも大活躍するタイプです。

 なお、「しずか+ジャイ子」は実例としてあまり報告がありませんでした。ほぼ正反対のタイプだからかもしれません。

 そんな中、筆者の友人女性から「仮面しずか」と呼ばれる存在を耳打ちされましたので、ご報告しておきます。「仮面しずか」とは、本来はドラミタイプにもかかわらず、対外的にはしずかタイプに偽装する人のこと。友人女性いわく、「賢さが全面に出ると面倒を招くから、あえて男性を立てて爪を隠している。地頭が良いので、技術として女子力を発揮するのもお得意」とのこと。ハイブリッドタイプの中にも、「仮面しずか」が紛れているかもしれません。