あなたが生きているこの瞬間、未来を変えるためにタイムスリップしているとしたら? 今日から「毎日の過ごし方が変わる」作品をご紹介します。

この笑顔のために日々の瞬間を本気で取り組むのです (C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

1. 毎日は大切な瞬間の連続だと気付こう

 ドラえもんの道具を一つ選ぶとしたら迷わずタイムマシンを選んでいたライター・ゆうせいです。しかし、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』を鑑賞して考えが変わりました。

 誰でも過去に戻ってやり直したいと思うことはありますよね。取り返しのつかない大失敗をしてしまったあの時、別の選択をしていたら人生は変わっていたはず……なんて。ですが、タイムトラベルっていいなぁ、過去に戻れたらあんなこと、こんなことできるのに、なんてのん気に言っている場合ではありませんでした。戻ることで無くしてしまう幸せもあるのです。

 そして気付いたのです、今生きている毎日は、大切な瞬間の連続だと言うことに。

【ストーリー】
イギリスに住む青年ティムは、年頃になっても彼女ができずにいた。しかし21歳の誕生日、父からタイムトラベル能力があることを知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返し、女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところがタイムトラベルが引き起こす不運によって二人の出会いはなかったことに…

2. 今から10年必死になれ

お父さんからのカミングアウトが唐突すぎて笑うしかないです (C) 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 例えば、もし中学時代に戻れたら、めちゃくちゃ勉強を頑張っていい高校に入って、いい大学からのいい会社で人生やり直す! みたいなことは誰でも一度は考えますよね。

 でも、もしかしたら10年前も同じようなことを言っていませんでしたか?

 つまり、逆に考えるとそのときから10年間の年月があったわけです。10年ですよ、10年。

 これってすごく怖いことで、もしかして10年間何もできていなかった? と後悔の念に押しつぶされそうになるので考え過ぎは注意なのですが、10年前は良かったなぁ~とか言ってる場合じゃなくて、10年後から戻ってきたと考えるべきなんです。

 10年もあれば英語は完璧にペラペラになれますし、腹筋だってバッキバキに割ることが可能です。難関資格だって何もかも取得できます。むしろ楽勝です。

 だから、今を精一杯、全力で、マックスパワーで生きなくちゃいけないんです。

 それを、ジャケットだけ見ると完全にラブストーリー全開の本作が、まさかのSF観点から気付かせてくれます。