「普段の自分なら絶対に見ないし、選ばない」という作品に出合えるチャンスがあります。見る作品が変わることで、自分に変化が起きるかもしれません。

 映画への興味は尽きることのないライター、ゆうせいです。常に新しい映画との出合いを求めている私ですが、選ぶ作品が偏りがちになっていることに気が付きました。

 映画館で見るときも、レンタルするときも、アクションとか、サスペンスとか、そしてミステリー的な作品ばかりを選んでしまうのです。

 そんなとき、TSUTAYAが面白い取り組みを実施していることを知りました。その名も「NOTジャケ借」です。

ホラー映画のジャケットみたいな告知POP
【NOTジャケ借とは】
ジャケットからタイトル・ビジュアル・監督・出演者などの情報を全て見えないようにし、パッケージに書かれたキャッチコピーのみで、借りる作品を“直感”で決める作品の選び方。2016年10月、TSUTAYA 馬事公苑店から始まり、SNSを中心に大きな話題となりました。TSUTAYAでレンタル出来る数多くの魅力的な作品との、新しい出会いを提案する企画です。

引用:1店舗から始まった「NOTジャケ借」が全国のTSUTAYAへ拡大! ユーザー参加企画も開始、Twitterでキャッチコピーを大募集|TSUTAYAのプレスリリース
http://www.tsutaya-ltd.co.jp/news/2017/0217_nottsutaya-twitter.html

 つまり、作品名も分からなければ、あらすじさえ読むことができない。借りてみて初めて分かるわけです。

 これを利用すれば、これまでの偏った選別とは異なり、普段なら絶対に選ばないような作品と出合えるはずと考えたのです。