自分なりに善悪の明確な基準を持っていると思っていても、それが大きく揺さぶられるかもしれません。今回は映画「検察側の罪人」を紹介します。

言うまでもなくたまらない2ショット (C) 2018 TOHO/JStorm

 映画カタリストのゆうせいです。世の中にはたくさんの映画がありますが、見る人に問いかけてくる作品ってありますよね。

 本日紹介する「検察側の罪人」は、まさしく見る人に問いかけてくる作品です。とある刑事事件を通して、正義とは何か、悪とは何かを考えさせられる1本です。

 もしかすると、これまで持っていた善悪の基準がぐらぐらと揺らいでしまうかもしれません。

【ストーリー】
都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上(もがみ)と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野(おきの)。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」……。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは……。

ニノの怒鳴りから見え隠れする冤罪の怖さ

壊れていくキムタクをもっと見たいと思うのは異常? (C) 2018 TOHO/JStorm

 本作は二人の検事と、とある殺人事件をもとにストーリーが展開します。キムタクこと木村拓哉演じるエリート検事・最上は、その見た目も仕事ぶりもスマートそのもので、ニノこと二宮和也演じる検事・沖野をはじめ、若手検事の憧れの的。

 沖野は最上の期待に応えようと被疑者を尋問するのですが、そのシーン、ニノの演技は圧巻の一言に尽きます。これまでのどの作品でも見たことのない怒鳴りと絶叫は、恐怖を感じること間違いなし。変な話ですが、怒鳴られてみたい……と思うほどの色気すらあります。

 良くも悪くもこんな詰められ方をされると、犯していない罪を認めてしまう。いわゆる冤罪が起きても不思議ではないと考えてしまいます。あってはならないことですが……。

 また、完璧に見える最上にも秘密はあり、他人に言いたくない過去も背負っているのです。その秘密と過去が交錯したとき、鉄のように筋の通っていた最上の精神が崩れ始めます。

 検事として優秀過ぎるために、自身の推理が正しいと盲信し、猛進してしまう。たとえ冤罪だと気が付いたとしても。

 逆に沖野は、まだまだ駆け出し検事であることを自覚しているためか、暴走してもし過ぎることがないのが対照的と言えます。しかしそれは、ここぞというところでもう一歩踏み込めない、強みでもあり弱みでもあるのです。