Q.ダイエットをしたら生理の周期が狂ってしまいました。やっぱりダイエットはだめですか?(27歳)

ダイエットが生理におよぼす影響は? (C) PIXTA

A.食事だけで痩せようとするダイエットは絶対にだめです

 ダイエットは本当にだめです。日本の女性は総じて痩せすぎです。皆さんダイエットというと「一切食べない」か「バナナだけ」といった極端で偏った方法で痩せようとしますが、これが大きな間違い。そんな無茶な方法で細くなったとしても、触ってみると筋肉がなくてブヨブヨ、という不健康な状態です。

 痩せたいなら食事制限ではなく、まず運動から始めてください。筋肉は脂肪よりも重いので体重は増えるかもしれませんが、アスリートの体は締まっていてキレイですよね。これが理想です。

 ダイエットをしたことで生理の周期が狂ってしまったとのことですが、女性ホルモンが正常に働いていない可能性があります

 女性ホルモンは生理だけでなく、骨や肌、爪、筋肉など、女性の体のすべてに作用しています。そのためこれが働いていないと肌荒れや髪のパサつき、老化現象を招くだけでなく、不妊症につながることも。

 女性ホルモンはとてもデリケートです。ストレスにも弱いので、無理なダイエットがいかに悪影響を及ぼすかは明白。今すぐ健康的な食事と運動による体づくりに切り替えてほしいですね。

Q.生理痛のときに食べたらいいものがあれば教えてください(32歳)

A.体を温めることを念頭に、バランスのいい食事を心がけて

 おすすめは温かい飲み物を飲むこと。体を温めると血液の巡りが良くなるので、症状を緩和してくれる可能性が高いです。お風呂や足湯、ストレッチなども効果的です。

 野菜中心の和食は女性の強い味方。ただ、生野菜は身体を冷やすので夏でも取りすぎには気を付けて、バランスのいい食事を心がけてください。また、生理中は出血しているので、鉄分は意識して取ったほうがいいですね。

 月経前に甘いものを欲する人も多いですが、生理痛とは直接関係がないので、あまり神経質になる必要はないでしょう。食べ過ぎにだけ注意してくださいね。逆にカフェインやアルコールは出血量の増加や痛みの原因にもなるので、控えるほうがベターです。