日経doors

菅原由美「ナースの力は、もっと地域に生かせる

菅原由美(すがはら・ゆみ)

菅原由美(すがはら・ゆみ)
1955年神奈川県生まれ。76年東海大学医療技術短大看護学科卒業。14年国際医療福祉大学大学院博士課程満期修了。東海大学病院ICUに1年勤務後、その後、企業や保健所等勤務の傍ら3人の子どもを育てる。96年キャンナス設立。98年有限会社ナースケアー設立。05年「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」、09年「ナースオブザイヤー賞」、「インディペンデント賞」。11年東日本大震災、14年広島土砂災害において災害ボランティアナースを派遣し、支援活動にあたる。神奈川県ボランタリー活動奨励賞等多くの団体より表彰を受ける。16年「ヘルシー・ソサエティ賞」。ナースケアー取締役、開業看護師を育てる会理事長、日本在宅医療学会評議員などを務める。著書に『あなたが始める訪問看護ステーション』、『いけいけ!ボランティアナース』他。写真中央でピンクのキャンナスのTシャツを着て立っているのが菅原さん。全国からキャンナスの代表が集まった研修会場にて
閉じる