こんにちは。パーソナルスタイリストのみなみ佳菜です。働く女性にとって、着回しのバリエーションをいかに充実させていくかは、大きなテーマですよね。前回の記事で紹介したようなシンプルで上質感のあるノーカラージャケットは、優秀な「額縁」となって、襟の形などに悩むことなくいろいろなブラウスと合わせられる点でもオススメなのです。

【特別企画】今買ってずっと着られるオフィスジャケット
第1回 長く使えるオフィスジャケット 選び方・コーデの正解
第2回 プロが選んだお仕事ジャケット10 おすすめブランド
第3回 ジャケットの着回し最強ブラウス 白・色・柄の選び方【今回はここ】

 「今買ってずっと着られるオフィスジャケット」をテーマに3回連続でお届けする特別企画。最終回の今回は、多彩な表情づくりに役立つ「着回し最強ブラウス」の選び方をご紹介。今シーズンに買える商品(一部除く)ばかりですので、店頭でもぜひチェックしてみてください! ブラウスも、必ず「試着して買う」が大事ですよ。

 まず、ジャケットのインナーとしてそろえておくといいブラウスは3種。「白」「色」「柄」です。

最強ブラウスは、「白」「色」「柄」です。左上から ストライプVネックフレンチスリーブブラウス 1万1000円(以下すべて税抜き)/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店、白ブラウス(2P参照)、イエローブラウス(3P参照)、トロピカルフラワー ショルダーギャザーブラウス 1万6000円/TOMORROWLAND collection、右下のストライプブラウス(3P参照)、他すべてスタイリスト私物

最強ブラウスは、「白」「色」「柄」

 ここでいうブラウスとは、襟付きのシャツではありません。シャツはボタンをすべて留めると顔周りが圧迫され、かといってボタンを開けるとフォーマルな印象が崩れてしまう。何より、毎度のアイロンがけの手間が、私には耐えられません!

 その点、優秀なのはポリエステル素材のブラウスです。最近は素材の質感が進化して、一見、シルクのような「高見え」ブラウスが増えています。

 首周りの形は重要です。襟ぐりが詰まり過ぎていないほうが、顔周りがスッキリと見えます。

白ブラウス

 どんな色とも合って、最強のレフ板=美肌効果を発揮してくれる白ブラウスは、必ず1枚は持っていたいマストアイテムです。

最強のレフ板・白ブラウスは必須アイテム。ブラウス 2万8000円(2P参照)、ジャケット 3万3000円/いずれもANAYI

色ブラウス

 レモンイエロー、ミントグリーン、ラベンダー、コーラルピンクなど、春にしか出てこない「キレイ色」のブラウスは1年中活躍するので、今のうちに数枚買っておくべし。実際に着てみて鏡でチェックして、顔色がよく見える色を選んでくださいね。

着るだけで元気になるカラー。ブラウス(3P参照)9800円、ジャケット 1万9000円 いずれもCanau by Kana Minami/6月末販売予定、アクセサリーはUsabaco(スタイリスト私物)

柄ブラウス

 ストライプや花柄、幾何学模様など、シンプルなノーカラージャケットに「柄」はよく映えます。発想力や独創性、ハツラツとした印象などを伝えたい相手に会うときにはぜひ活用を。季節感を伝えやすいアイテムでもあります。

ストライプ柄は縦長効果も。ブラウス 7600円(3P参照)/ザ・スーツカンパニー 銀座本店、ジャケット 3万9000円/TOMORROWLAND collection、アクセサリーはスタイリスト私物

 では、実際のイチオシ商品を見てみましょう!