仕事やプライベートでチャンスを味方につける女性たちに共通するのは、「また会いたい」と思わせるチカラではないでしょうか?

 人との縁が途切れずに、次のチャンスへとつながって、実りを生み出す。そんな女性たちが、思い描いた夢や目標へと近づく転機を引き寄せているのだと思います。

 そして、その“「また会いたい」と思わせるチカラ”を高める手助けになるのも装いのちょっとした意識。集中連載の最後となる今回、皆さんにお伝えしたいのが毎日の服選びにおける「TPPO」という考え方です。

TPPOの「P」って何?

 一般的にいわれる「TPO」は「Time(いつ)」「Place(どこで)」「Occasion(何をする)」という三つの視点ですよね。これにもう一つのP――「Person(誰と)」を加えたのが「TPPO」。この“誰と”という視点がとっても大事だと私は思うのです。

今日は誰と会いますか? (C)PIXTA

 第3~5回の記事で登場いただいた方々も含めて、私は初めてご相談にいらした方々には、日々のTPPOのパターンについて三つ以上、書き出していただきます。

 実際に、今日1日のスケジュールを思い出して、「いつ・どこで・誰と・何をしたか(するか)」を書き出してみましょう。特別な予定ではなく「よくある日常」をイメージしてみてください。「朝10時から・会議室で・チームメンバーと・進捗報告会」「昼休みに・会社近くのイタリアンレストランで・上司と・ランチミーティング」といったTPPOが明確になりますね。

 私がおすすめしているのが、朝、クローゼットで服を選ぶときに、その日のTPPOを思い浮かべるのを習慣にすること。