あなたの周りにはいないでしょうか。仕事の能力もある。周りへの気遣いもできる。有能な人材なはずなのに、いつも損な役回りばかり押し付けられている人が。そういった人たちを「いい人」と名付け、「いい人」から「デキる人」になる後押しをする連載、スタートです。

あなたは応援される価値がある

 はじめまして。今回から、この連載を担当させていただくキャサリン門田です。

 ほんの少し「モノの見方」を変えるだけで、自分を取り巻く世界は、今までよりずっと居心地よく快適な世界へと変わっていく。職場でのストレスは減り、仕事の効率が高まり、何より心楽しく仕事ができるようになる。そんな方法や考え方を、毎回お伝えしていきます。

***

 あなたの周りには、いないでしょうか。仕事の能力が高く、誠実。小さなことにもよく気が付いて、周囲の人をフォローすることも忘れない。でも、そんな自分自身の有能さをうまく表現できずに、つい損な役回りばかりを押し付けられてしまう「いい人」が。

 片や、次から次へと舞い込んだ仕事を仕上げ、上司や同僚からも一目置かれ、長時間の残業もせず華麗に定時で退社するような「デキる人」はいませんか?

 前者と後者、その違いは何でしょうか。もしかしたら、あなたは前者のタイプになっていたりしませんか? この連載では、そんな「いい人」から「デキる人」へとステップアップするためのノウハウをお伝えしていきます。

 第1回は、職場にいる人たちを分類してみることから始めましょう。

4つのタイプに分類してみよう。あなたはどれ?

 縦軸は自己アピール力。自分のことが好きで、自分の能力や魅力を周囲の人にアピールすることが得意かどうかを表します。

 横軸は業務スキル。その職場で期待される仕事を、正確にキッチリやり遂げる力です。この能力が高いほど、周囲の人の期待に応えることができるので、お役立ち度ともいえます。

 この2軸で分けると、およそ4つのタイプに分けることができます。それでは一つずつ見ていきましょう。