今回のテーマは「自分の栄養状態を知る」。全身の健康状態やコンディション、仕事のパフォーマンス、そして将来の妊娠にも大きな影響を及ぼすのが、栄養不足や偏り。改善のためにはまず、現状を知ることが大切です。近年、どの栄養素をどれだけ取れているか、自分の栄養状態を客観的にチェックできる方法が登場しています。

毎日何気なく取っている食事で、栄養は本当に足りているのでしょうか?

 不調や疲れ、肌トラブル……。女性に多い慢性的な悩みの原因として、栄養不足や偏りの問題が指摘されている。国民健康・栄養調査でも、若い女性のビタミン、ミネラル不足やたんぱく質の摂取量の減少などが浮き彫りになっている。

 偏食や無理なダイエットは栄養状態の悪化を招き、美容や健康面のトラブルにつながり、仕事のパフォーマンスを落とすことも。それだけでなく、将来赤ちゃんが欲しいと思っている人にとっては妊娠や胎児の発育にも影響を及ぼしかねない。

 「でも私は大丈夫。しっかり野菜サラダを食べているし、健康にいいといわれる納豆やヨーグルトやスムージーなども意識して食べている!」。健康を意識して、いいといわれる食品を積極的に食べている女性は多い。でも、量も含めて、本当にあなたの栄養バランスに偏りはないだろうか?

 そこで、今の「自分の栄養状態を知る」方法を探してみた。現状を正しく認識することで、自分の食事の偏りや癖も分かってくる。例として試しやすい順に、栄養チェック3つの方法を挙げる。

食事記録から栄養チェック

 まずは、スマホアプリを使って食べたものから栄養状態を推定する方法。具体的には、アプリに料理名を入力したり、食べたものの写真をアップしたりすることで、カロリーや栄養素の推定値が自動的に算出、グラフ表示されて、アドバイスが受けられる。

 会員数が250万人を超える日本最大の食事管理アプリ「あすけん」は、ダイエットに定評があるが、実は今の栄養状態を知ることができるサービス。「やせ」に分類されるBMI18.5を下回る目標体重は設定できないようにするなど「『痩せればいい』ではなく、必要な栄養素がバランスよく取れることを前提にプログラムを設計しています」と話すのは、あすけんの管理栄養士・道江美貴子さん。

 無料版アプリの場合、食べたメニュー名を登録するだけで、一日の終わりに一日に取ったカロリーや栄養価の過不足がグラフ化される。その結果に基づいて、栄養バランスを整えるためのお薦めの食事内容や食材などのアドバイスがもらえる。メニュー名の登録は複数の候補からワンクリックで選択できる。

 推定値とはいえ、登録内容から栄養価を算定するこのシステムの精度は高く、1品1品栄養士が計算して出した数値と比べて遜色がないという研究結果もある(データ:Nutrients 2017, 9, 1058; doi:10.3390/nu9101058)。

 月額300円(税込)のプレミアム会員になると、食事の画像解析機能が使え、食事写真を撮るだけで何を食べたか登録できる。また、1日単位ではなく食事ごとに栄養状態が分かり、アドバイスももらえる。「昼に食べ過ぎたから、夜は控えめにしよう」など、1日の中で食事内容を調整できるのがメリットだ。スタンダードな「基本コース」と、特に糖質の取り過ぎが気になる人向けの「ゆる糖質制限コース」があり、目的に合わせて選択できる。無料版、有料版とも体重や体脂肪、月経の記録もでき、グラフで推移が分かる。

●アプリで分かる項目(基本コース)
エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、鉄、ビタミンA、E、B1、B2、C、食物繊維、飽和脂肪酸、塩分。※葉酸、ビタミンD、亜鉛は含まれていない。

体験しました!(基本コース、有料版)

有料版ではスマホで撮ったメニューを自動判別、そのまま登録できる。自動判別のメニュー結果が違っている場合は手動でメニュー名を修正する
一食ごとに、エネルギーと13の栄養素についてグラフ表示され、過不足が一目で分かる
一食ごとに栄養評価と、次の食事で何に気を付けたらいいか、どんなものを食べたらいいかなどのアドバイスが表示されるので、おやつで不足分の栄養補給をしたり、夕食に1品足したりと、すぐに行動に結び付けられた
●妊活・妊娠に特化した無料の栄養チェックアプリも!
葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンD、Cという、妊娠出産に重要とされる6つの栄養素をカバーした無料アプリが登場している。妊活・妊娠便利ツール「エレビット 栄養バランスチェック」は、食事をスマホで撮影、画像登録するだけで、その食事から取れた栄養の過不足がレーダーチャートの形で示され、バランスが一目で分かる。会員登録は不要。
URL:https://www.elevit.jp/tools/select.php