副業で得たお金の使い道は…

 読者の副業収入は平均月額で5万1648円。このお金があるのとないのでは、ずいぶん違いますね。せっかく得た収入を何に使っているのか聞いてみました。

Q6 副業で得たお金は主に何に使っていますか?(複数回答可、最大2つまで)

収入の使い道は、1位「貯蓄・投資」、2位「生活費の足しにする」
◆貯蓄・投資(32.9%)

「夫の給料と合わせて、月に10万くらい貯金していました」(27歳、パート・アルバイト、医療福祉関連)

「副業収入の振込先をネット銀行に集約して、貯金してます!」(30歳、会社員、医療福祉関連)

「株式の購入に充てています」(34歳、会社員、教育・学習支援)

◆生活費の足しにする(28.0%)

「食費、家賃、交際費として使っています」(27歳、派遣社員、情報通信)

「クレジットカードの引き落とし口座の足しに」(29歳、会社員、サービス)

「少し高めの食材を買う費用にしています」(35歳、契約社員、学術研究・技術サービス)

◆趣味・娯楽(23.2%)

「ブランド品の購入や海外旅行の資金に」(33歳、会社員、不動産)

「副業収入で家族と外食します」(28歳、パート・アルバイト、学術研究・技術サービス)

「ライブのチケット代や旅費、CDや本の購入に」(34歳、契約社員、商社)

◆勉強・スキルアップ(15.9%)

「資格取得の受講費用に50万円使いました」(27歳、会社員、学術研究・技術サービス)

「さらなるステップアップのための塾、知識を深めるための自己投資、ビジネスで必要な投資(名刺作成、ホームページ作成)など」(33歳、自営業、サービス)

「海外留学のため、貯金を含めて250万ほど使いました」(34歳、会社員、教育・学習支援)

◆その他(12.2%)

「月に2万円、奨学金やローンの返済に充てていました」(27歳、会社員、学術研究・技術サービス)

「まだ副業を始めたばかりなので、使い道も考え中です」(33歳、会社員、教育・学習支援)

***

 副業の中身も人それぞれなら、使い道もバラエティー豊かですね。生活費や趣味、娯楽に使う人が多い一方、資格取得や留学など「目的あっての副業」という人もいました。

 次回は、アンケートから「副業に興味はあるけれど踏み出せない」という未経験者の本音を探ります。

文/三浦香代子 写真/PIXTA