黒い「何か」が忍び寄る…! VRお化け屋敷「呪刻教室」

 続いて訪れた「KEY WEST」(キー ウエスト)のブースでは、VRお化け屋敷「呪刻教室」を体験。廃校をイメージさせる教室のセットからも、既に怖さがにじみ出ています。

「ホラー」もVRで楽しめる!

 早速、頭にはヘッドマウントディスプレー、耳にはヘッドフォンを装着し、教室内の椅子に着席。

360度見渡せるVR。迫力があるからこそ恐怖も倍増

 薄暗い教室の中を360度見渡すと、誰も座っていないはずの椅子が突然ガタガタと動き出したり、生気のない女生徒の姿があったり……。現実ではないと分かってはいても、心拍数がどんどん上昇していきます。そして最後は、大きな音とともに得体のしれない「何か」が現れ、自分の元に近寄ってきて……!

同じ「呪刻シリーズ」として、列車内での恐怖体験ができる「呪刻列車」もあります

 思わず体がビクッと動く、リアルな恐怖体験を楽しめました。

体を使って楽しみ、ポーズを決める! 新感覚のVR

 「グランディング」のブースでは、体を使って楽しむVR「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」のデモ版を体験。

 このゲームは、25世紀のテレビ局リポーターとして、踊りながら宇宙人を撃退するというユニークな設定。頭にはヘッドマウントディスプレー、手には「Moveモーションコントローラー」(プレーヤーの手の動きを正確に認識するコントローラー)を持って、ダンスを楽しむことができます。

体を伏せて宇宙人のビームをよけることも。手を動かすだけでなく全身を使って踊ります

 踊り方は、VR内で先輩リポーターの「うらら」ちゃんというキャラクターが教えてくれるので安心。音楽に合わせて体を動かすことで、宇宙人からの攻撃をかわしたり、反対にこちらから攻撃を仕掛けたりすることができます。

25世紀というだけあって、カラフルでポップな宇宙人!

 宇宙人のキャラクターもかわいくて、踊っている姿を見ているだけで楽しい気分に。リズムに合わせて「決めポーズ」をとることもできるので、バシッとポーズを決められたときは爽快です。

ゲームをしながら運動にもなるなんて、一石二鳥です

 試遊時間は15分でしたが、夢中で踊っていると時間がたつのはあっという間。体を使って楽しめるVRなので、日ごろの運動不足解消にもぴったりのゲームでした。

 VRは、現実では体験できない空間の中に入り込めることが魅力。目や耳だけでなく、カラダ全体を使って感覚的に楽しめるゲームなので、ゲーム初心者の人でもなじみやすいはず。まだ体験したことのない人は、ぜひプレーしてみて。

文/青野 梢 写真/清水 知恵子