チョコレートサラミ

ざくざくした食感がたまらない

食べだしたら止まらなくなる! 乾パンは、大きめに砕くと歯ごたえがあっておいしい

<材料>
乾パン……50g
ミルクチョコレート(板)……2枚
レーズン……20g
あればピスタチオ……5g
粉糖……適量


<作り方>
1.乾パンをビニール袋(二重にする)に入れて、棒で叩いて細かく砕く。

2.レーズンに熱湯(分量外・適量)をかけ、5分ほどふやかす。

3.チョコレートを手でボウルに割り入れ、湯煎にかけて完全に溶かす。

4.チョコレートが完全に溶けたら、1、水気を切った2、あればピスタチオを加えてゴムベラでよく混ぜる。

5.大きめに切ったラップを二重にし、4をのせて筒状に巻く。両脇をねじって空気を抜くように転がしたり、手の平でギュッと押さえるように形を整える。

6.冷蔵庫で1時間冷やし、ラップを外して全体に粉糖をまぶし、1cm幅にカットする。

ホワイトチョコレートで作ってもおいしいですよ
<ポイント>
・北イタリアの伝統菓子で、たこ糸で縛ってサラミのように見せることから、チョコレートサラミという。
・具はお好みで、ナッツ類やマシュマロを入れても良い。
・チョコレートを湯煎にかけるときに生クリーム(大2)を入れると、より滑らかな生地になりカットしやすい。


かりんとう風乾パン

ぽりぽり、かりかり…手が止まらなくなります

香ばしさがアップして、おいしいおやつに変身

<材料>
乾パン……50g
砂糖……大2
水……大1
シナモン(お好みで)……少々


<作り方>
1.フライパンに砂糖と水を入れ、1分ほど中火にかける。フライパンを回しながら全体に行き渡らせるようにする。

2.フツフツとしてきたら乾パンを加え、ヘラで混ぜて乾パンに絡めるようにする。

3.さらに1~2分して水分が少なくなり、とろみが付いてきたら、オーブンシートの上に重ならないように取り出す。

4.お好みでシナモンをふり、キャラメルが固まるまで冷ます(1時間から一晩置いておく)。

レシピ・写真/宇梶 由里子