焼いたり、ゆでたり、揚げ物をしたり……と、キッチンで火を使うとけっこう暑いんですよね。まだもう少し残暑は続きそうです。今日は「火を使わない」レシピをご紹介します。切ってあえるだけなど簡単なので、料理の初心者さんにもおすすめです。

パンのサラダ(パンツァネッラ)

しっとりしたフランスパンがアクセントになっているサラダ。よく味をなじませるとおいしい

<材料>(2人分)
フランスパン……1/2本
きゅうり……1本
ミニトマト……5個
玉ねぎ……1/4個
そのほかお好みの野菜を入れても。
ツナ缶……1/2缶
バジルの葉……4~5枚
米酢……大2
水……1cup
塩・こしょう……適量
オリーブオイル……大1~2

<作り方>
1.フランスパンは一口大にカットする。ボウルに水と米酢を合わせて入れ、パンをサッと浸して手で絞る(浸し終わった水分は使いません)。

2.きゅうりを1cmの輪切りにし、ミニトマトはヘタを取って半分に切る。玉ねぎは薄くスライスする。

3.別のボウルに12を入れ、油を切ったツナ缶、塩・こしょう、オリーブオイルを加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

4.器に盛り、バジルの葉をちぎってのせる。

<ポイント>
・「パンツァネッラ」とは、イタリアの夏の定番サラダ。硬くなったパンを水でふやかし、トマトや玉ねぎ、バジルなどを加えて塩とオリーブオイルで味付けします。冷蔵庫で冷やして作り置きも可能。