楽しい時間はあっという間に過ぎていきますよね。長い休みを取った後、会社へ行きたくないな…と思うのは、それだけ休みの間に充実した時間を過ごせたということ。そんな休み明け、「仕事モード」に切り替える方法をご紹介しましょう。

楽しい時間はあっという間…

 ゴールデンウイークもあっという間に終わってしまいましたね。特に、長期の連休明けは、だるい、憂鬱、おっくう、会社に行きたくない……となりがちです。しかし、会社に行くのがおっくうになるのは、それだけ連休中にリラックスできたり、充実した時間を過ごせたということ。

 でも、やっぱり連休明けは気分よく仕事を始めたいですよね。今回は、「仕事モード再起動」に効く二つのルーティンをご紹介します。

次の連休はいつかしら?  イラスト/三ツ木朗恵

 誰でも、イヤイヤ仕事をこなすと疲れます。「今日も、会社に行かなければいけないなんて……」「だるいな、めんどくさいな、しんどいな」などと考えたことは、誰でも一度ならずあるでしょう。

 ですが、イヤイヤ仕事を行っていると、上司や先輩、同僚、得意先のちょっとした言動にも影響されイライラしてしまいます。それだけでなく、仕事が終わった後も、ぐったりとした疲労感が体に残ってしまいます。

 一方で、気分よく仕事をしている人もいます。気分よく仕事をすると、創造性が高まりアイデアも広がり、多少のトラブルがあっても、それほど影響を受けずに自分のペースを保てるので、仕事がはかどります。その結果、仕事の生産性も高まります。

 気分が良いときは物事のプラスの面が見えやすくなり、気分が悪いときは物事のマイナスの面が見えやすくなります。これを、心理学用語では「気分一致効果」といいます。

 実は、気分はある程度ならあなた自身でコントロールできるのです。ここでは、誰でも簡単にできる「気分良く仕事を始めるためのルーティン」を二つ紹介しましょう。