はじめまして。プロコーチの大平朝子です。私は裁判所書記官として、年間2000件の記録を扱う日々のなか、問題解決のある法則を見つけ、その後独立。現在プロコーチとして、習慣力を身に付けたい人たちのサポートをしています。この連載では、意志が強くなくても、気合いをいれなくても、時間がなくても実践できる、「やめる」ための仕組みと簡単なアクションをお届けします。

あなたの「やめたいこと」は、なんですか

 「やめる」って、意外に難しい。

 なんとなく「失う、損する、減ってしまう」気がしませんか? 慣性の法則に支配されている私たちは、いつもの行動・いつもの時間の使い方を、無意識にしているんです。

 なかなかやめられないのは、あなたの意志が弱いからでも、あなたがちゃんとしていないからでも、あなたの性格が原因でもありません。脳の仕組みがそうなっているからです。

 やめることを恐れているのは、あなたではなく、あなたの脳なのです。脳は変化を嫌います。わざわざやめるよりも、今まで生き延びてきた現状維持をよしとします。「いつもと同じ」を基本的に選択することになります。

 もしいま、仕事もプライベートも抱え過ぎが原因でツラくなっているとしたら、一度、手放してみませんか。やめられなかったのは、やめるためのコツを知らなかっただけ、という方が多いのです。

 一度知ったら、試してみることができます。もう、自己嫌悪にならなくていい。嫌な気持ちにならなくてもいいのです。これから紹介するのは、私や私のサポートしているクライアントが実践して効果があったものを厳選。とっても簡単で、たった1分でできるので、安心して気楽に試してみてください。

頭では分かっているけど、寝る前に見るスマホってやめられない・・・!

 第一回目のテーマは、「だらだら見続けてしまうスマホをやめたい」。いまやテレビよりも、スマホをやめたい、という相談をうけることが多くなりました。それほど見たいわけでも必要でもないのに、SNSに夢中になったりゴシップ記事を読んでいたら、あっという間に30分、1時間経過。気がつくと、深夜だった……なんてこと、経験があるのではないでしょうか。そして心のどこかで、そんな生活をやめたいと思っていませんか?

 それでは早速、「だらだらスマホをやめる」ための仕組みと、簡単なアクションをお伝えしましょう。