これまでの5回で、貯蓄が1000万円以上ある女性と1000万円未満の女性の違いが少しずつ見えてきました。今回は、生活習慣や趣味嗜好にスポットを当ててみましょう。

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2017年8月9日(水)~9月3日(日)
◎有効回答者数:332人

◆平均年齢37.5歳、独身61.8%、既婚(子どもなし)17.9%、既婚(子どもあり)17.0%、会社員(一般職)54.2%
◆貯蓄「1000万円未満」は全体の63.4%、貯蓄「1000万円以上」は全体の32.1%

 読者アンケートでは、「自分の生活習慣や趣味嗜好など」について約30項目にわたり質問しました。その結果を、貯蓄が1000万円以上ある女性と1000万円未満の女性で比較してみました。

貯蓄1000万円以上女子の生活習慣をのぞいてみましょう (C) PIXTA

貯蓄1000万円以上女子の特徴が分かる生活習慣ランキング

 下のランキングは、貯蓄が1000万円以上ある女性のほうが「はい」の割合が5%以上高かったものの上位項目を並べたものです。赤字のパーセンテージは1000万円未満の女性と比べて何ポイント高いかを示しています(赤字の小数点第1位以下は四捨五入)。まずは下位から紹介していきましょう。

8位 「おごってもらうより、おごるほうがいい」(32.3%/未満女性と比べて+5%
   「自分の貯蓄額は誰にも言ったことがない」(62.0%/未満女性と比べて+5%

7位 「日々、『楽しい』『幸せ』と感じることのほうが多い」(69.7%/未満女性と比べて+7%