「お金を貯めれば幸せになれるのでは?」「貯蓄が1000万円以上ある人は、好きなものが何でも手に入れられそう」という声も耳にしますが、実際はどうなのでしょうか。――今回は、2900万円の貯蓄はあるけど「人生幸福度が低い」という女子の本音に迫ります。

K・Aさん(33歳)
メーカー・事務
独身、一人暮らし、彼なし

手取り月収:約43万円
手取り年収:約580万円
貯蓄(投資)総額:2900万円
人生満足度:30点

投資をしている女性のブログを見つけて刺激を受けた

――K・Aさんの貯蓄は、現在2900万円あります。貯めようと思ったキッカケはどのようなことだったのでしょうか。

 「28歳の頃に、たまたま投資をしている人のブログを見たんです。独身女性で、収入は私よりも少ないけれど、しっかり考え、確実に貯めていたことにショックを受けて。『今の私のままでいいんだろうか』と不安になりました。

 私は学生時代から無駄遣いをするわけではなく、少しは貯められるタイプだったのですが、社会人になってから、『投資』に興味があっても怖くて全く手が出せなくて、普通預金と定期預金しかできていなかったんです。

 ですが、ブログの女性が、投資信託や株などに挑戦して、効率よく確実にお金を運用している姿に刺激を受けました。

賢くお金を増やしている人を見てハッとしたんです 画像はイメージ (C) PIXTA

 そこで私もチャレンジしたいと一念発起して、投資信託の勉強から始めました。『時間をかければかけるほどお金が増えていく』と分かって、これまで貯金だけをしていた時間がもったいなかったと感じました。投資信託だけでなく、株などにも挑戦しました」

――昔から少し貯められるタイプだったとのことですが、新入社員時代から貯金の習慣があったのでしょうか?

 「はい、会社の財形で月2万円ずつ貯めていました。通帳の残高が少しずつ増えていくことが分かると、安心できましたね。ただ一方で、住宅購入に必要なお金や老後に必要なお金を知れば知るほど、『この貯金のペースでは絶対に足りない』という焦りと不安も生まれました。それで、投資も必要だなと感じていたんです」

――貯蓄を増やすために、生活の中で工夫していることはありますか?