「働く女性の目の疲れ研究会」の最終回は、気になるアイケアアイテムをご紹介します。日ごろから目を酷使している編集スタッフYとNが、「目のコリを改善」「ドライアイに効く」「眼精疲労のツボ押し」などのキーワードを基にアイテムを集め、実際に試してみました。

 まずは目薬から。PC作業が長い人の必須アイテムではないでしょうか。

PC作業などによる「目のコリ」を奥から改善

ロート リセリッチプレミアム(第2類医薬品)
13ml 1480円(税抜) *マツモトキヨシグループ限定発売
◆問い合わせ先/ロート製薬

リセシリーズから働く女性の目の疲れをケアする目薬が登場。ビタミンB12、ネオスチグミンメチル硫酸塩の二つの疲れほぐし成分が、コリ固まったピント調節筋に浸透する。さらに、角膜代謝促進、角膜トリートメント、充血除去、炎症・かゆみケア成分も配合し、トータルに働きかける

お試しコメント

 コンタクト装着時には使えないため、お風呂上がりのリラックスタイムに使用。夜遅くにコンタクトを外すたびに目の奥からのずーんとした重みが気になっていました。目薬を差すと、スーッとした程よい爽快感があり、重みがほぐれていく感じ。差した5分後には、充血も和らいでいるように感じました。(編集Y)

涙の蒸発を防ぐ超・高粘度のとろみ目薬

ロート ドライエイド コンタクトa(第3類医薬品)
10ml 1200円(税抜)
◆問い合わせ先/ロート製薬

油層(涙の蒸発を防ぐ)、水層(酸素や栄養を多く含む)、ムチン層(涙を目の表面にとどめる)の3層からなる涙の働きを考えた超・高粘度目薬。瞳の表面に長くとどまって、潤いを補給&キープする

お試しコメント

 特に朝からずっとデスクでモニターと向き合っている作業日は、まばたきを忘れがち。昼過ぎには目が乾き、いつもコンタクトが目に貼り付いているような感覚がありました。この目薬はコンタクトをしたまま使えるので、パソコンの脇に置き、お昼前、15時、帰宅前の3回点眼。かなりとろみがあるので、目の上でじゅわーっと潤いが行き渡る感じ。差した直後は、視界がはっきり。(編集Y)

防腐剤無添加でコンタクトレンズ装用時にも使える

ソフトサンティア ひとみストレッチ(第3類医薬品)
5ml×4本入 1200円(税抜)
◆問い合わせ先/参天製薬

ピント調節筋のコリをほぐす有効成分、ビタミンB12とネオスチグミンメチル硫酸塩を最大濃度配合。さらに、組織代謝を促すビタミンB6も最大濃度配合。防腐剤無添加で、カラーコンタクトレンズを除くすべてのタイプのコンタクトレンズを装着したまま使える

お試しコメント

 締め切り前など長時間ぶっ通しでパソコンを使うときに頼りになる一品。ビタミンB12の赤い色がいかにも目に効きそうな感じです。1日5~6回使うと、目の奥の重たさが和らぐ感があります。5ml容量でポーチの中でかさばらないのも助かります。(ライターN)

 次は、目元を温めるアイテムをご紹介!