「就活」と同じように計画的に婚活を進め、幸せをつかんだ女性もいます。個性的な婚活模様をお送りする本連載「こんな婚活アリなんです」に今回登場するのは、看護師を目指して専門学校に通う28歳の看護学生。「看護師として忙しくなる前に結婚したい」と思い、戦略的に婚活を始めた彼女に、東京・青山の結婚相談所「マリーミー」代表の植草美幸さんは、どんなアドバイスをしたのでしょうか?

学生のうちに婚活を始めた女性。「戦略婚」はできるのでしょうか イラスト/田中小百合
◆今回の婚活女性◆
江川千夏さん(仮名)28歳、看護学生
 一度は社会人として働くも、将来のことを考えて看護専門学校へ入学。就職して忙しくなる前に結婚したいと考えて、「マリーミー」に入会。看護学生のうちに婚活をスタート。

婚活をするときには具体的な目標設定を

 結婚を考えるとき、目標は明確になっていますか? 今回は、自分のライフプランをしっかりと持ち、「戦略的」に結婚を手に入れた女性のお話です。

 相談者は、看護師を目指して専門学校に通う江川千夏さん、28歳。一度は就職して社会に出ましたが、将来のことを考えて看護師を目指し、時間的にも精神的にも余裕のある学生のうちに「結婚したい」と考え、結婚相談所に入会した計画性のある女性です。

 彼女は高校時代、母親をしっかりと看取った後に、苦労して大学へ進学したという経歴の持ち主でした。

 この経験から、彼女は「命の尊さ」と「家族の大切さ」「お金のありがたみ」を実感したのでしょう。「結婚して家庭を持ち、35歳くらいまでに子どもを産みたい」という具体的な目標と、「相手の年収は1000万円。そして自分の家族を大切にしてくれる男性」という条件がハッキリとしていました。

 学生時代に母親を亡くした彼女にとって、たった一人の肉親である父親は大切な存在。自分が結婚して家庭を持っても、父親が寂しくならないよう配慮してくれるパートナーを持つことも、大事な要素だったようです。

 また、将来的には子どもを育て、なおかつ自分が育ってきた生活水準を維持したいという希望があったため、自分の父親と同じくらいの収入がある男性がいいと考え、年収1000万円を条件としていました。

戦略的に婚活、結婚後の生活設計はエクセルで管理

 ゆっくりと落ち着いた口調で、淡々と話すタイプの千夏さん。彼女は結婚に対しても冷静で、計画を立てて着実に婚活を進めていくタイプの女性でした。

 特徴的だったのは、結婚後の生活設計をエクセルで管理していたこと。自分が看護師として働き、相手の年収が1000万円だった場合、1年後の収入と支出はいくらになり、預貯金はいくらになるのか。2年後、3年後は……。そして子どもが生まれた場合、家を買った場合は……と、詳細にシミュレーションしていたのです。

 さらに千夏さんは、婚活では自分が「学生」であることがネックになるだろうと考えていました。ですから、なんとお見合いをする男性には、「学費を全納」していることを示す証明書を見せていました。その上で、「結婚したら生活費の負担だけよろしくお願いします」と、事前に伝えるようにしていたのです。

 証明書がなければ、男性としては、「結婚後は自分が彼女の学費も負担するのかな……」と、不安に思うことでしょう。千夏さんには、相手の立場に立って物事を考える配慮と、先回りをして不安要素を取り除いておく賢さがあったのです。これは、結婚相談所ならではのエピソードですね。

 彼女のように、結婚の条件や優先順位がハッキリとしていて、結婚後の具体的なライフプランを持っている方は、成婚率もグッと高まります。それにプラスして、「相手が自分とお見合いをするときには、どういう点を気にするだろうか?」と客観的な視点を持つことも、婚活では重要です。

 しかし、彼女のように「戦略」と「計画」、そして「目標」を持って進んでいても、すべてが順調にいくとは限らないのが婚活です。千夏さんは自分でも意識しないうちに、婚活の「迷路」に迷い込んでしまったのです。