移動に役立つアプリは?

 旅先では、タクシーでの移動や電車の乗り換えもハードルが高くなるもの。しかし、オフラインで利用できるアプリも続々と登場している。移動に役立つアプリ2選を紹介する。

Uber(iOS、Android共に対応)

 24時間利用可能なタクシー配車アプリ。海外ではタクシーに乗る機会が多くなる。このアプリを使えば、指定場所まで迎えに来てくれるので便利に使えるだろう。支払いもクレジットカードや現金など、都合のいい方法から選べる。ただし、トラブルを回避するため、車を予約するときはドライバーの評価もしっかりと確認しておこう。

NAVITIME Transit(iOS、Android共に対応)

 世界中で使える乗り換え検索アプリ。最寄り駅検索、所要時間や乗り換え駅などが確認でき、現在地から目的地までのスムーズな移動が可能となる。電車、バス、フェリー、飛行機(国内線)に対応しており、オフラインで利用可能。

無料Wi-Fiの使い方と注意点

 海外旅行中もネットを使いたいと思うことは多い。しかし、高額請求が来るのが不安という人も多いのではないか。

 海外旅行中に料金が発生するのは、ウェブサイトやSNSの閲覧など通信を行った場合や、音声通話などを行った場合のみ。カメラや時計などの通信を必要としない機能はもちろん無料で使える。ただし、スマホの場合はアプリが自動的に最新情報を確認するために通信を行うこともあるので、必ず設定を見直そう。

 まず、「データローミング」をオフにしよう。iPhoneの場合は、「設定」→「モバイル通信」→「データローミング」をオフにしよう。Androidの場合は、「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」をオフにしてほしい。

 ホテルや空港などでは無料Wi-Fiが用意されているケースも多い。無料Wi-Fiに接続するには、「Wi-Fi」機能をオンにした上で、利用したいWi-Fiネットワーク(SSID)を選択し、パスワードを入力しよう。

 ただし、無料Wi-Fiはセキュリティー上問題が多く、通信を盗み見られる危険性もある。スマホにセキュリティーアプリやVPNアプリ(仮想プライベートネットワークを構築することにより安全性を高めるアプリ)などを使うか、レンタルWi-Fi持参が安心だ。

帰国後に高額請求が来た…! なんてことを防ぐためにも、スマホの設定をきちんと見直しましょう (C)PIXTA

 せっかくの旅行もトラブルが続くようでは台無し。海外でもオフラインで利用できる無料アプリが増えているので、この機会にぜひ試してみてほしい。

文/高橋暁子 写真/PIXTA