手を抜くべきでないビューティーケアのポイントを、男性美容研究家・藤村岳さんが男性の美容事情を踏まえて解説するこの連載。前回は、ケアを怠るべきではない毛・No.1として、デリケートゾーンのムダ毛ケアについて解説しました(前回記事・「肛門、恥骨の上…美容研究家のVIOケア体験でムダ毛問題を考える」)。今回は、ケアを忘れると第一印象さえ変わってしまう重要な毛・眉毛、そしてまつ毛をピックアップします。

 こんにちは、男性美容研究家の藤村岳です。本来、メイクは楽しいはずのもの。でも「メイクもマナーのうち」なんて言われると、つい意固地になったり、おっくうになってしまうなんて女性が増えてきているような気がしています。そんな状況に反比例して、男性の美容意識は急上昇中。今回は、男性が夢中になっている眉やまつ毛のケアについて考えてみましょう。

 最近、話題になった「電車でメイクはマナー違反」というCM動画やポスター。そのような外部からの圧力もあり、メイク自体がなんだか悪者にされてしまっているような風潮ですね。実は以前、ボクのコラムでも持論を展開しました(過去記事・男から見ると、「電車の中でメイク」は見てる方がツライ)。まあ、事の是非はここでは置いておいおきます。でも、メイクを窮屈なものと女性が認識してしまうと、もったいない。せっかく、楽しむことができることを苦痛にしてしまうなんて……。心持ち一つで変われるのであれば、ぜひ楽しんでやってほしいです。

 さて、数あるメイクの工程の中でも、特に念入りにされるのがアイメイクではないでしょうか。「目ヂカラ」という言葉もすっかり一般的になり、男性も目周りのケアはしっかりするという人が増えています。

今や眉毛を整えないなんて、あり得ない

眉毛ケア、手抜きしていない? (C)PIXTA

 印象を変えやすいのは目の大きさもさることながら、眉の形や太さが大きな役割を占めています。イマドキの男性は眉の手入れを普通にしています。これをお読みの女性の中で、眉を生やしっぱなしにしているなんて人……まさかいませんよね?