半年先が埋まるウエディングプランナーのマンスリー

The Place of Tokyo チーフプランナー 相澤 麻菜未さん

<使っている手帳>
NOLTY(B5)/日本能率協会マネジメントセンター

 ウエディングプランナーとして働く相澤麻菜未さんは、1日に5組以上のお客様と打ち合わせをすることも珍しくありません。およそ半年後の挙式に向けて予定が入っていくので、スケジュールを広く見渡すことができるマンスリーが便利なのだとか。

 「翌年の予定がどんどん入ってくるので、毎年10月には新しい手帳に切り替えています」

1日が終わったら斜線で消しています

 黒で統一されたマンスリーページは、消せるボールペンでとてもきれいに書かれています。仕事の予定だけでなく、よく見るとプライベートの予定も。

 「最近、好きなアーティストのライブに行くのが楽しみで、忙しいときにライブの予定が目に入ると、『この日のためにも頑張ろう』と励みになりますね」

忙しい日々の合間を縫って、大好きなライブに出かけます
日付が決まっていない予定は忘れないように余白の部分に書いておきます

【ポイント】

 仕事の予定と一緒に楽しみなことを書き、モチベーションアップ