襟足スッキリ。一つ結びの進化系「ゆるふわシニヨン」

 「さらにもう一つアレンジテクを紹介。襟足をスッキリさせたい日には、一つ結びを進化させたシニヨンがおすすめ。お団子のようにきっちりまとめるのではなく、ふわっとルーズに毛束を入れ込むのが今っぽいです」

 シニヨンといっても、使うのはゴム1本のみ。ピンも要りません。オシャレに仕上げるコツを、次ページから解説します。

ピンを使わずできるシニヨン。後れ毛の処理にコツが

(1)後れ毛を残す

 髪全体にツヤのでるワックスをなじませ、トップをふんわりとさせて手ぐしでラフに一つ結びをする。前髪からサイドにつながる短い毛束を出し、襟足も左右1カ所ずつ前から見える部分の毛束を残す。

まとめ方はラフ、ゴムはしっかり留めて

 まとめ方はラフでも、ゴムはしっかり留めること。残した後れ毛は少し巻いた状態だとニュアンスが出る。自宅で出掛ける前にアイロンで巻いておくとアレンジが決まりやすい。

(2)ゴムに毛束を入れる

 毛束をくるっと丸めて、毛先を結んだゴムに通す。毛量が多い人はしっかりとゴムに毛先を入れ込んで。

この時点で毛先が上にピンとはねてしまってもOKです

(3)飛び出した毛先をゴムにしまう

 上を向いている毛先をさらにゴムに入れ込んで下に向ける。すべて入れる必要はなく、バランスを見ながら部分的に入れるといい。

正面からのバランスを見て、左右どちらかを入れるのでもOK

(4)後れ毛を細かく分ける

 残した後れ毛が一塊になっているとニュアンスが出ないので、何束かに分けておく。

細かく分け過ぎても崩れたように見えるのでバランスが大事
完成!

 「抜け感のあるヘアアレンジは柔らかい髪質のほうがニュアンスが出て簡単に作れます。髪が硬い人がチャレンジする場合は、手間がかかりますが、毛先を軽く巻いておくのがおすすめです。

 残した後れ毛も、ストレートだと疲れて見えてしまいますが、コテで巻いておくと女性らしさが出ます。作り方自体は簡単ですが、毛先のニュアンスはすてきに見せるための大切な一手間。ぜひ、朝のお出かけ前にやってみてくださいね」

文/中島夕子 ヘアメイク/神戸春美 撮影/鈴木希代江 モデル/臼井愛美