自身も「髪のトラブルに悩んでいたことがある」美髪アドバイザーの田村マナさん。今すぐ始められる、具体的なヘアケアメソッドを教えていただきます。今回は、ヘアケアに関する素朴なギモンについて、ズバリ答えていただきました。

市販のシャンプーにまつわる、ウソ・ホント

Q.ドラッグストアで売っている市販シャンプーの成分、長い間使うと髪に良くないってホント?

A.過剰に成分を気にするよりも、正しい洗い方の見直しを

 「市販されている多くのシャンプーに使われているラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなどの高級アルコール系の洗浄成分は、アミノ酸系洗浄成分に比べて洗浄力が強いのは確かです。しかし、これによって髪にダメージえを受けたり、頭皮環境が悪化したりするようなことはまずありません。

 市販品を使って頭皮が乾燥するようなら、シャンプーの方法に問題があるのかも。力を入れ過ぎていないか、熱いお湯で洗っていないか、二度洗いをしていないか見直しましょう」

二度洗いしている女性、意外と多いそうです (C) PIXTA

Q.シャンプーとトリートメントは同じシリーズでそろえたほうがいい?

A.自由に組み合わせてOKです

 「スキンケアと同じく、ヘアケアアイテムも自由に組み合わせてOKです。シャンプーは汚れを落とすものなので、泡立ちの良さや洗い上がりの感触など使いやすいものを選ぶといいでしょう。

 トリートメントはなりたい髪質に合わせて選びます。ボリュームを抑えるもの、ふんわりと軽くするもの、水分力をアップさせるもの、カラー後の退色を抑えるものなど幅広くあるので、目的に合わせて選びましょう」

Q.オーガニックシャンプーはどうしても洗い上がりがきしみます。でも、髪にはいいんですよね?

A.「オーガニック=髪にいい」は思い込みです

 「オーガニックシャンプーとは、成分に使われている原料がオーガニック製法で作られているということで、きしむこととは無関係。また、オーガニックだから髪にいいというのも一概には言えません。

 きしむシャンプーは保湿成分が少ないということ。シャンプー中に摩擦によって髪がダメージを受けますし、髪が絡まったり、ツヤがなくなることで見た目にもキレイに見えません。きしむシャンプーはおすすめしません」