「ダーク・プレイス」
2016年6月24日(金)全国ロードショー
(C) 2014 DAMSELFISH HOLDINGS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
レーティング:PG-12
監督:ジル・パケ=ブランネール(「サラの鍵」)
原作:ギリアン・フリン著『冥闇』(小学館文庫)
出演:シャーリーズ・セロン/ニコラス・ホルト/クロエ=グレース・モレッツ
配給:ファントム・フィルム

公式サイト:http://dark-movie.jp/

 1985年、カンザス州の町。8歳だったリビー・デイ(スターリング・ジェリンズ)の証言により、彼女の兄ベン(タイ・シェリダン)が逮捕されます。その容疑は、母親と2人の姉妹の殺害でした。

 28年後、殺人事件の遺族として世間から同情を受けるリビー(シャーリーズ・セロン)は、支援金や自伝出版で入ったお金で暮らしていました。定職にも就かず、孤独な生活を送るリビー。

 ある時、“殺人クラブ”という団体のメンバーのライル(ニコラス・ホルト)からリビーに連絡が届きます。過去の有名な殺人事件を検証しているというそのクラブのメンバーたちは、重要な証言者としてリビーに会いたがっていました。お金が底をつきそうになり、日々の生活にも困っていたリビーは、ライルが提示した報酬目当てで出席を決意します。

気が進まないながらも、お金が欲しいためクラブに参加するリビー

 クラブのメンバーたちは、ベンが無罪だと主張。思い出したくないのに、28年前の事件を振り返ることになったリビーは、ベンが収監されている刑務所を訪れ、久しぶりに兄と再会します。彼の手首に女性の名のタトゥーを見つけると、徐々に過去の記憶がよみがえってくるリビー。

リビーは兄ベン(コリー・ストール)と再会を果たす

 28年前、ヘビメタ好きで悪魔崇拝に傾倒していたベンは、家族の中でも浮いた存在でした。ベンにはディオンドラ(クロエ=グレース・モレッツ)という年上の彼女がいて、妊娠が発覚した彼女はベンと一緒に町を出ようとしていました。

ディオンドラに夢中だった若き日のベン

 リビーたちの父親は、離婚して家を出た後も度々金の無心に来ては、母親のパティ(クリスティナ・ヘンドリックス)を悩ませていました。パティが女手ひとつで4人の子どもたちを育て、経済的に困窮している中、惨劇が起こります……。

 当時の記憶をたぐり寄せ、兄に続いて父親とも再会したリビー。惨劇の晩、彼女が目撃したこととは……?

 シャーリーズが強く共感し、渾身の演技を見せている「ダーク・プレイス」。彼女の思い入れの強い本作は、ぜひ観ておくべき一作です。

文/清水久美子

この連載は、毎週土曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 女子による女子のための映画DVDガイド