こんにちは。「女子による女子のための映画DVDガイド」の映画ライター・清水久美子です。

 つらいことがあったり、壁にぶち当たってしまったりした時、「あぁ、もうだめだ。これ以上進めない……」と、つい思ってしまいますよね。でも、これで終わりだと思ったところをまたスタート地点にして、新たな一歩を踏み出すこともできる。そう考えると、気持ちを前向きにできそうだと思いませんか?

 今回紹介するのは、2013年に『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞し、ベストセラー作家となった桜木紫乃さんが2012年に発表した、6作からなる短編集『起終点駅 ターミナル』の表題作の映画化作品です。人生の終わりへと向かってしまっていた男女が出会い、孤独を分かち合い、そして再び人生の一歩を歩き始める感動の物語です。

 映画「起終点駅 ターミナル」で、複雑な背景を持つ孤独なヒロインを演じて新境地を開いた本田翼さん。佐藤浩市さんと共演し、難しい役を演じ切った彼女にインタビューしましたので、作品紹介の後にお届けします!

「起終点駅 ターミナル」
(C) 2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
出演:佐藤浩市 本田翼
   中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子
原作:桜木紫乃『起終点駅 ターミナル』(小学館刊)
音楽:小林武史
脚本:長谷川康夫
監督:篠原哲雄
主題歌:My Little lover「ターミナル」(TOY’SFACTORY)
配給:東映

公式サイト:http://www.terminal-movie.com/

 北海道の旭川に単身赴任し、裁判官として働く妻子持ちの鷲田完治(佐藤浩市)。学生時代の恋人・結城冴子(尾野真千子)と再会した完治は、冴子が働くスナックに通い、彼女と逢瀬を重ねるようになります。

かつての恋人と再会した完治。

 2年の北海道勤務を終え、妻と息子の待つ東京へ戻る日が近づいてきますが、完治は全てを捨てて、冴子と共に暮らしていこうと決めます。でも、冴子は彼の思いに応えることなく、完治の目の前で自ら命を絶ってしまいます。

完治は冴子を失い打ちのめされる。

 それから25年、家族を裏切り、愛した女性を死に追いやってしまった完治は、法では裁かれない罪を背負い、誰とも関わることなく、釧路で国選弁護人として生きていました。それはまるで自分自身を裁いて、罰を課すような人生でした。

家族を裏切った完治に帰る場所はない……。
25年間、独りでひっそりと生きてきた完治。