こんにちは。著述・翻訳家の上野陽子です。フランスの大統領選挙が終わり、中道派のエマニュエル・マクロン新大統領の誕生です。その若さもさることながら、25歳年上の夫人との関係など、プライベートにも注目が集まります。マクロン新大統領から歴代大統領たちまでの、政治手腕や華やかな女性歴などを見て行きましょう。

ナポレオンを超えた! フランス最年少の大統領

 今回のマクロン大統領の注目度が高いのは、リベラルな社会と国際協調を重視する政策で、孤立主義や排外主義で極右のルペンを退けたことにもよります。もしルペンが勝ったなら、排他的なトランプのような大統領をヨーロッパにも置くようなもの。胸をなで下した人たちも多かったわけです。

 さて、39歳のマクロン氏の大統領就任は、1848年に40歳で大統領に就任したナポレオン3世の記録を更新したことも大きな注目を集めています。

 そして特に女性の話題の中心となっているのが、ファーストレディとなりエリゼ宮(大統領官邸)に入る、25歳年上のブリジット夫人(64歳)です。

マクロン新大統領と夫人のブリジットさん。大統領選勝利の後、ルーブル美術館中庭で繰り広げられた勝利集会にて 写真:Abaca/アフロ