あの高いガラス天井を打ち砕けなかったが

 そして特に若い人たちに、ぜひ聞いて欲しいことがあります。私は社会に出てからの人生すべてをかけて、自分が信じることのために戦ってきました。成功したときもあれば、挫折を味わうことも、耐えがたい痛みを感じたこともあります。多くのみなさんが、キャリアのスタート地点にいることでしょう。これから先に成功もあれば、挫折もあるはずです。

 今回の敗北は辛いものです。でもどうか、どうか「正しいことのために戦うのは、価値あることだ」と信じることをあきらめないで。それは、どんなときでも価値のあることです。この戦いに臨み、人生を通して戦い続けましょう。

 すべての女性のみなさん、とくに今回の選挙戦と私を信頼してくださった若い女性の方々、ぜひ知っておいてください。みなさんの代弁者となれたことが、私の最高の誇りであることを。

 私たちはいまだ、あの高いガラス天井を打ち砕くことができていません。しかし、きっと誰かが、いつの日か、私たちが思うよりも早く叶えてくれることでしょう。

 それから、今この演説を聞いている女の子たちへ、あなた方には価値があり、強さも備え、この世界であらゆる可能性を持ち、さまざまな機会に挑むにふさわしいということを、決して疑わないでください。

「あなたがたは、あらゆる可能性を持ち、さまざまな機会に挑むにふさわしいのです」 (C) PIXTA

 最後に、私たちの祖国が与えてくれたすべての恵みに感謝の念を表します。私は私がアメリカ人であることに、日々感謝しています。そして、私は今でも、そして今までよりもさらに、私たちが共に立ち、共に働き、互いの違いを尊重し合い、信念を強め、この国を愛すれば、未来にすばらしい日々が訪れるはずだと信じています。

 私たちが手を取りあい、共に進んでいけばもっと強くなれるはずです。そして、そのために戦ったことを、決して後悔しないでください。

 聖書にこうあります「善行を積むに飽くことなかれ。失意に沈むことなく励めば、いずれ時が来て、実りを刈り取ることができるだろう」(*注)

 友よ、お互いを信頼しあってください。飽くことなく、諦めることなく。時は移り変わり、まだすべきことはたくさんあります。

 私はこの大切な選挙でみなさんの代表として戦う機会をいただいたことを心から名誉に思い、感謝の念でいっぱいです。みなさんとアメリカに、神の恵みと祝福を。

*注 ガラテヤ人への手紙 6:9
わたしたちは、善を行うことに、うみ疲れてはならない、たゆまないでいると、時が来れば刈り取るようになる。

■ 関連リンク
ヒラリー・クリントン 敗北宣言全文-英文
(ヒラリー・クリントンFacebook公式ページより)

文/上野陽子 写真/PIXTA