「免疫力アップ」なんて一朝一夕でナントカなるもんじゃない……と、思っていたら。日経ヘルス2017年3月号によると、「食材」に気をつけるだけでかなり改善できるらしい。ポイントは「ビタミンB1」、「キノコβグルカン&フコイダン」、「ビタミンD」をしっかりとること。普段の食事で上手にとるにはアレンジしやすい「作りおき」をストックしておくといい。というわけで今月は「カゼ・インフルエンザにかかりにくくなる 作りおきで免疫力アップ」から3種類作ってみることになった。

 特に「免疫力が落ちている」という自覚はないのだが、最近ヒキコモリがちなせいか、たまにちょっと外出するとへんとう腺が腫れたり、微熱が出たりしてしまう。やっぱ「免活(←今作った。こんな言葉はない)は必要かなぁとは思っている。

 8種類のレシピの中から「あ、これ食べたい」と選んだのは「マイタケ&ブナシメジのアンチョビタプナード」「豚ニラそぼろ」「サケジャガお焼き」の3種類。近くのショボいスーパーでも材料が全部そろうし、手順も簡単。それなのに超うまそう。マイタケ&ブナシメジにはキノコβグルカン、豚肉にはビタミンB1、サケにはビタミンDが含まれていて、免疫力アップが期待できるのだ。

(c)PIXTA