本当だった「社内で一番の変人」の噂

 えっ 夢?
 「夢」なんて言葉、社会人になってから初めて聞いた気がする。
 何を言っているのだろう、この人は。
 「人生の目標はなんですか?」
 飲み会とかで酔っ払った夜中ならまだしも、初対面の私に向かって、定食屋で真っ昼間に聞くことだろうか?
 そもそも、自分の夢とか人生の目標とかなんて、考えたこともない……気がする。
 社内で一番の変人という噂はやはり本当だったのか。
 「えっと、仕事の目標とか、私、あまり考えたことがなくて……。夢とかもないと思います」
 しどろもどろで答えると、上司は表情ひとつ変えずにこう言った。
 「いや、自分が気づいていないだけで、誰にでも少なからず夢と呼べそうなものはあるんじゃないかな。まずは自分の夢が何なのか、考えてみようよ」

*続きはこちら→第二回 夢ナシ契約社員 異動先で「あなたの夢は?」と聞かれて

文・イラスト/吉永龍樹


こじらせOL、本気出す!
『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』

何のために働いているのか、わからない。いっそ会社をやめようかな…。そんな悩みを抱えたやる気のない契約社員に「社内で一番の変人」の上司が火を付けた!ごく普通のOLの、心をゆさぶる物語。
Kindle版はこちら
紙の本はこちら

この連載は、毎週火・金曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒【才能がない人の夢のかなえ方】