女性のキャリアとライフスタイルを支援する女性誌「日経WOMAN」(日経BP社、東京都港区、編集長:安原ゆかり)は、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」の大賞者、末延則子さんを含む今年の受賞者8人を決定いたしました。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」受賞者が決定! (C) PIXTA

 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」大賞に選ばれたのは、日本で始めて、「シワの改善効果がある」と厚生労働省に承認された医薬部外品化粧品を開発した、ポーラ化成工業 研究企画担当 執行役員の末延則子さん(51歳)です。

 「発見。世界でひとつのシワ改善メカニズム」――2017年1月1日、印象的なコピーと共に発売されたポーラの「リンクルショット メディカル セラム」は、発売から9カ月で売上累計80万個、売上総額約112億円を達成し、2017年最大のヒットコスメとなりました。この商品を企画し、研究チームを率いたのが末延則子さん。「シワ改善の医薬部外品コスメで、お客様を笑顔にしたい」というミッションを掲げたのが2002年。しかし、研究開発に7年、さらに厚生労働省から医薬部外品として承認されるまでに8年、計15年もの歳月がかかりました。

 研究者として地道に研究に従事し、日本初となる「抗シワ」の医薬部外品を開発、15年かけて、2017年最大のヒットコスメをつくりあげた仕事人魂。逆境でも諦めずに、部下のモチベーションを維持しながら、成果をあげる強いチームをつくったリーダーシップを評価して、2018年の大賞となりました。

 「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」受賞者は、常識に縛られずに行動し、新しい価値を創造した女性たちが選ばれました。末延さんのほかに、特別賞受賞者の国連事務次長・軍縮担当上級代表の中満泉さん、元プロテニスプレーヤーの伊達公子さんの2人を含め、8人に共通するのは、自分の中に「やりたいことの種」を見つけたら、迷わず走り出す勇気があること。その上で、チームや賛同者など、周囲を巻き込みながら、社会全体を幸せにするミッションを掲げ、達成していました。

 「人生100年時代」に、仕事でも、人生でも輝き続けるヒントを、受賞者たちから学ぶことができます。