大盛り上がりのパーティー会場では

 トークセッションの終了後は会場を移してレセプションパーティーが行われた。受賞者やその同僚、家族などの関係者も出席。

パーティー会場では、ヴーヴ・クリコのシャンパンで乾杯!
大賞の東宝・弭間友子さんは、この日に合わせて「君の名は。」を象徴する真っ青なネイルに。審査員の河野真理子さんと記念撮影
左から、マギーズ東京事務局・阪口祥代さん、審査員の入山章栄さん、小林せかいさん、鈴木美保さん
左から、審査員の渋澤健さん、大林組の大西陽子さん
左から、内閣府男女共同参画局長・武川恵子さん、日経ウーマン発行人、日経BP社・藤井省吾ビズライフ局長

 「違う業種の人と仕事の進め方について話して、これからの仕事の展開を考えるきっかけになった」「弭間さんや林さんと話してみて、謙虚で自然体で、バリキャリではないことに驚いた」という声も聞かれた。

 受賞者や参加者同士の間で話が弾み、ビジネスやキャリア、生き方のヒントをもらったという人も多く、パーティーは盛会のうちに幕を閉じた。

文/加納美紀 写真/竹井俊晴