人気雑誌のファッションページで人気のスタイリスト・門馬ちひろさんに着こなしのヒントをレクチャーしてもらう連載4回目は、「デイリーブランドコーデ」第二弾です。数あるデイリーブランドの中でも、低価格でベーシックなデザインが使える優秀ブランドの「UNIQLO」、「Gap」、「ローリーズファーム」のアイテムを使って、通勤ファッションにお手頃価格の服を上手に取り入れるコツをご紹介します。

 オフィスファッションにデイリーブランド服を取り入れるときに気を付けたいことは、なんといっても清潔感があってクリーンな印象に見えるか、ということ。そのためにこだわって欲しいのがカジュアルコーデのときと同様にサイズと素材です。通勤服の場合は、ゆる過ぎるシルエットではだらしなく見えがちなので、きちんとした印象に見えるジャストサイズを選びましょう。スカートやワンピースの丈がオフィスで浮いてしまわないか必ずチェックして!

 素材の面では、パリッとしたシャツやハイゲージのニット、型崩れしにくい地厚のスウェットなどがオフィス向けと言えるでしょう。今季人気のローゲージニットを選ぶなら、モヘアなど毛足が長いものより、しっかりと編みこまれたものがおすすめです。

<デイリーブランドを通勤ファッションに取り入れるポイント>
・必ず試着して、だらしなく見えないジャストサイズを選ぶ。
・清潔感が決め手。パリッとした素材や型崩れしにくい素材を選ぶ。
・キレイ色のアイテムを合わせたり、ネックレスやスカーフをプラスして、華やかさを意識する。

Styling 1
キレイ色を合わせれば、スウェットワンピがオフィス顔に!

 一見するとカジュアルに見えるスウェットワンピ。生地がしっかりしたものを選んで、キレイめにコーデすればオフィスにも着ていけます。ライトイエローのハイゲージニットカーデを羽織ってパールのネックレスを合わせれば、ダークカラーを着ている人が多く沈みがちなオフィスで好印象を与えること間違いなしです。

カーディガン 2990円、ワンピース 2990円(※1月末入荷予定)/UNIQLO 他スタイリスト私物