読者アンケートでは、「遠距離恋愛と自分の仕事の転機が重なって、恋愛がうまくいかなくなった」「遠距離恋愛中との彼との結婚を視野に入れて、自分の働き方を検討している」など、遠距離恋愛にまつわる本音も集まりました。仕事を一生懸命に取り組む女性にとって、自分のキャリアや結婚・出産の将来のライフステージを考えると、遠距離恋愛は悩ましいテーマの一つ。今回は、理想の彼に出会えたものの、仕事のことを考えると結婚に一歩踏み出せないという34歳のTさんに、そのモヤモヤの中身について聞いてみました。

第1回 働く女性の恋愛事情、相手選びで譲れない条件とは
第2回 高スペック女子は、恋人にも結婚相手にも○○を求める
第3回 ドラミ系高スペック女子の共通点と恋愛不器用の謎
第4回 仕事ができる女子のうまくいく恋愛 大事な一つの方法
第5回 「三高」にはこだわりたいワセジョの恋愛 本音と葛藤
第6回 高スペック同士の恋愛を実らせた、恋愛器用女子の結婚
第7回 高スペック同士の遠距離恋愛 キャリアや結婚への迷い【今回はここ】

Tさん
34歳 独身(地方在住)
公務員

手取り月収:28万円
手取り年収:340万円

――現在、Tさんは「遠距離恋愛中」とのこと。彼はどんな方なのですか。

 「現在、35歳の彼と付き合っています。

 30歳で大学時代の友達と国内旅行したときに、旅行先で初めて彼に会いました。実は同じ大学の同級生だったのに、当時は全然知らなくて。なんとなく同じ大学出身ということが安心感につながりました。

 彼が現地で私たちをいろいろと案内してくれ、それをきっかけにお友達としての関係がスタートしました。私が彼のところに遊びに行くたびに一緒に食事をするなど、会う回数を重ねるうちに、お互いが好きになり、気付いたら付き合っている状態に。年齢が近いことや話しやすいところ、優しいところが私に合っているなと感じています」

年齢が近くて話しやすく、やさしいところが好きです (C) PIXTA

――有名私大を出ているTさん。彼も同じ大学出身でさらに博士号まで取得しているそうですが、交際相手の学歴はTさんの恋愛において必須条件でしょうか。

 「はい、そうですね……。実は、これまでも、自分より学歴が低い人と付き合ったことはないんです。本能的に、相手の学歴を気にしてしまっているのかもしれません。

 私、頭の良い人に引かれてしまうようです。