11月29日に開催された「WOMAN EXPO 2015 KOBE」。展示場内のオープンスペースで行われたイベントで注目を浴びた「SIMフリースマホ」のセッション。日経ウーマン編集部・瀬戸久美子の進行で、ASUS JAPAN(エイスース ジャパン) モバイルプロダクトマーケティング課 課長の出浦聖子さんがSIMフリースマホの魅力と使いこなしについてプレゼンテーションを行いました。

ASUS JAPANモバイルプロダクトマーケティング課 課長の出浦聖子さん(右)。

――出浦さんのASUS JAPANはどのような会社なのでしょうか。

出浦 ASUSは台湾に本社を置く総合電子機器メーカーで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを作っています。日本ではパソコンの基板であるマザーボードやSIMフリースマホ、アンドロイド搭載タブレットがシェア1位となっています。今年5月、SIMフリーの制度が日本でも導入されました。今日は、SIMフリースマホのお話をいたしましょう。

――SIMフリースマホを活用すると、通信費はどうなるのでしょう。働く女性の平均的な家計を見ると、月に占める通信費は1万1000円ほど。食費・服飾費とともに節約したい項目にも挙げられています。

出浦 大手携帯電話会社さんの通信プランを使うとそのくらいですね。一方で、SIMフリースマホを使うと、格安プランを選ぶことができるので、節約が可能になりますよ。

 MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)さんが携帯電話会社さんの回線を借りて、安価な通信プランやサービスを設定してSIMを売るようになりました。SIMフリースマホを使えば、MVNOさんの安価なプランのSIMを選ぶことができます。

 実際にどれくらい安くなるかというと、月平均1万円の通信費が、MVNOさんに変えると約1600円になるんです。

「SIMフリースマホなら、通信費をぐっと節約できるようになる」と出浦さん。

――私もSIMフリーの取材をする関係でSIMフリースマホに切り替えたのですが、今までの約1万2000円から2000円ほどに下がりました。浮いた1万円で加圧トレーニングに行っています。

出浦 そうなんです。1年だと12万円、ブランド物のバッグも買える金額になりますよね。さまざまなMVNOさんが参入したので競走が激しくなり、通信費がぐっと安くなりました。

 また、端末の価格も違います。携帯電話会社さんから販売されている端末は8~9万円ですが、SIMフリースマホなら、だいたい3~4万円くらいで購入できます。

 SIMフリースマホの良いところは、まず、海外に行ったときに便利なこと。現地のSIMカードを購入すれば、SIMカードを入れ替えることで、いつも日本で使っている端末をそのまま使える場合が多いです。二つ目は、SIMフリーなら、好きな端末に乗り換えても、同じ通信プラン・同じ電話番号を使い続けられます。また、よくある契約の「2年縛り」というものはないものが多く、あったとしても1年縛りでフレキシブルです。

 逆に悪いところもあります。キャリアメールが使えなくなる場合もあります。でもSIMフリーの世界もどんどん進化しているので、継続利用ができるところも出てきました。それから、セットアップを自分で行う場合もあります。

――実は私がそうでした。端末とSIMカードをオンラインで別々に買って、これをどう組み合わせるのか、ちゃんと通じるのか……不安でした。別々購入は、あまりオススメできませんね。

出浦 そうですね。別々に購入する場合、これはかなりハードルが高いです。いろいろなMVNOさんから数多くの通信プランが出ています。それを自分で選んで購入して、自分で端末に入れて、自分でセットアップしなければなりません。もし何かあった時は、オンラインや電話で相談するしかないんです。

 ですので、家電量販店さんのSIMフリーカウンターや、MVNOさんのウェブサイトや実際の店舗で、SIMカードと端末をセット購入する方が楽です。その日のうちに開通するので、すぐに新しいスマホを使うことができます。

 「通信プランが多い」ということは自分に合うものを選び抜くのは大変ですが、それだけフレキシブルだということ。なので、これは長所として考えたいところですね。

 「通話が多い」「LINEができるだけでいい」など、用途の違うプランがありますので、自分のスタイルに合うものを選びましょう。そして、海外旅行や海外出張のときに、現地のSIMカードを入れ替えてすぐ使える点も便利です。今は空港でもSIMカードを扱っている場合があるので、現地へ行く前に調べることもできますよ。

 さて、ここで、ASUSで販売している「ZenFone(ゼンフォン)」シリーズをご紹介します。「ZenFone 2」はシリーズの中でもハイスペックで使い心地のよいスマホです。4GBメモリーを搭載しており、マルチタスクでも快適に操作ができます。また、急速充電も可能なんですよ。

 また、アンドロイド搭載のタブレット「ASUS ZenPad(エイスース ゼンパッド)」も取り扱っています。弊社は、アンドロイドのタブレットでも国内シェア1位なんですよ。「ASUS ZenPad S 8.0」は、電子書籍・マンガを読むのに最適です。「ASUS ZenPad 7.0」は7インチの画面。5つのスピーカーと1つのサブウーファーを搭載したアクセサリーのオーディオカバーを装着すれば、コンパクトながら映画や動画を臨場感あるサウンドで、より楽しむことができます。

――日経ウーマンの読者では、動画で勉強する人が増えています。そういう使い方をする人にはオススメですね。

出浦 SIMフリーのスマホで、毎日、賢く、美しく過ごしていただければと思います。