日経ヘルスより、毎月「体・食・美」にまつわる最新のグッズ情報を紹介します。

 カカオ含有量が70%以上と多い「高カカオチョコレート」。1日1かけ(25g)を食べると高血圧や便通が改善するとの報告があり、注目されている。

 明治や森永製菓などの大手メーカーが2006年ごろから高カカオチョコを発売してきた。最近は、産地や原材料にこだわり、すべて手作業で作る「Beanto Bar(ビーン トゥー バー)」のコンセプトを掲げた“専門店”が続々登場している。14年にオープンした東京・渋谷区の「ミニマル」のチョコは、カカオと砂糖だけで作られる。健康効果はもちろん、カカオ豆本来の風味が楽しめるのも魅力だ。

ミニマル(Minimal)
東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9。カカオ豆の仕入れから成形まで自社工房で行っている

左:「NUTTY CHOCOLATY」

 ホンジュラス産カカオを71%使用。ナッツを食べているかのような香ばしさ。50g、1300円(税別)


ダンデライオンチョコレート
東京都台東区蔵前4-14-6。カフェではオリジナルのチョコドリンクが楽しめる。工房見学ツアー(要予約)も開催

右:「マダガスカル産/豆比率70%」

 爽やかな酸味とフルーティーな口当たり。56g、1200円(税別)。