大手メディア企業で正社員として働いている手塚宏美さん(仮名、39歳)の恋愛状況を聞き取っています。今では「LINEでたまにやりとりをしている程度」というタケユキさん(仮名、45歳)はかつての結婚相手として最有力候補でした。

 「俺がお前を幸せにしてやるから。信じて待っていてくれ」

 婚活サイトを通じて付き合い始めたタケユキさんは、海外駐在中にスカイプでこんな男臭いセリフをぶつけてきました。しかし、宏美さんは彼を信じ切れず、むしろ胸騒ぎがしたのです。

 「私は彼と付き合い始めて婚活サイトを退会しました。あるとき思いついてVISITORとしてそのサイトにアクセスしてみたんです。すると、彼はまだサイトに残っていて、駐在先での自分を写真も載せて女性にアピールしまくっていました」

 宏美さんによれば、年収1000万円を超えるような「ハイスペック男性」は女性からの大人気になるため、結婚ではなく新しいセックスの相手を求めてサイトの常連になる男性もいるのだそうです。ひどい話ですね。ただし、そのリスクを冒してでも高収入や高ステータスの男性との「安泰」な結婚を夢見る女性は後を絶ちません。

ビールが苦手な手塚宏美さん(仮名、39歳)。甘いカクテルで乾杯しました

 「こんな男性に執着する自分はバカだと思います。でも、とりあえず粘ってしまいました。彼はイケメンではないけれどエリートだし男らしい外見と性格なので、惚れ込んだのだと思います。サイトに残っていることも軽く指摘しましたが、スルーされました……」

 ちゃんとした恋人がいるのに婚活サイトに登録をし続ける男性を「男らしい」と言えるのかは疑問ですが、宏美さんが好きになってしまったのだから仕方ありませんよね。タケユキさんが帰国して国内で働き始めてからも関係は続いていたそうです。去年の初夏には再び宏美さんの住む町に遊びに来てくれました。ただし、高級料理店での初デートとは様変わりして安いチェーン店にしか入りたがりません。