38歳を過ぎた女性と語り合いたいと思ったのです。僕が来年には四十路に突入するから、だけが理由ではありません。男と女の関係は結婚だけではない、と確信したいからです。

 20代半ばから30代後半にかけては、結婚や出産・子育てが主な関心事になりますよね。いわゆる適齢期なのだから仕方ありません。僕も趣味で「お見合いおじさん」をやったりして、結婚願望のある独身男女を及ばずながら応援しています。

 でも、38歳を過ぎたら結婚のことは二の次三の次でいい。「婚活」にはそろそろ見切りをつけて、独身での生活を充実させることに注力すべきだとも思います。

 そのためには健康・お金・人間関係の3大要素が不可欠ですよね。人間関係の半分は異性との関係だと考えれば、男友だちも大切です。仲良くしているうちに恋が生まれるかもしれません。

 こんな企画趣旨を知り合いの女性編集者(40代半ば、独身)に話すと、共感と反論が同時に返って来ました。

 「アラフォーのうちはその通りだと思います。30代後半まで独身だと、一人で楽しく生きていこうと思うからです。でも、40代後半になるとまた不安になって、ちゃんとしたパートナーがほしくなるらしいですよ。私の知り合いは、ずっと事実婚だった男性がいたのですが、大病して入院したのをきっかけに籍を入れました」

 うーん、なるほど。アラフィフになると心境がまた変わるのですね。いずれにせよ、愛情と信頼で結ばれた異性は何歳になっても必要なのでしょう。

 既婚者も高みの見物はできません。ラブラブの新婚時代はとうに過ぎ去り、「夫(妻)だけでは満たされない自分」に気づくからです。といっても、不倫の話ではありませんよ。人間らしい生き方をまっとうするためには、数多くの異性の助けが必要だということです。

 数年に一度ぐらいのペースで顔を合わせるような友だちでも、かけがえのない会話ができる人もいますよね。よく会っている同性の友だちには話せないような内容でも、異性ならば心置きなく打ち明けられたりします。ちょっとした甘え心や恋心も含んでいたりして、とても心地良い時間です。

 ちなみに僕はバツイチの既婚者です。35歳のときに再婚しました。同級生の妻との関係は良好だと思っていますが、女友だちと二人きりで食事することもあります。妻にも高校や会社員時代からの親しい男友だちが数人いるようです。もちろん、彼女の「デート」を邪魔したりはしませんよ(ちょっと気にはなりますけどね)。いろんな男性と会って仲良くしたり議論したりするからこそ、女性は魅力的でいられると思うのです。

 言い訳はこれぐらいにして、38歳以上の素敵な女性に会いに行きましょう。最初の話し相手は、愛知県内で健康・美容系の教室を運営している渡辺真希子さん(仮名、39歳)です。

渡辺真希子さん(仮名、39歳)

 真希子さんは講師ではなくて経営者で、普段は教室の受付に座って接客と事務をしています。職業柄もあるのか、いつも明るい笑顔できさくに接してくれます。同い年の気軽さでインタビューというかデートにお誘いすると、二つ返事で承諾。ノリがいい人だな。愛知県内のカフェでランチをしながら、お話を聞くことにしました。

  (次ページ:真希子さんの恋愛、仕事、人生。結論は・・・)