この連載では、毎週火曜日に健康・医療専門サイト「日経Gooday」編集部の取材から、元気になる最新のカラダの話をお届けします。

 暑さが猛威を振るうと、蚊の活動も気になるところ。蚊に刺されるとついつい掻きむしってしまいがちですが、傷になると肌に痕が残ってしまうことも。そこで、蚊に刺されたときの上手な対処法を帝京大学薬学部教授の下平秀夫さんに教えてもらいました。市販のかゆみ止めも成分を見極めて使えば、より早く効果的にかゆみを止めることができるそうです。

蚊に刺されるとかゆいのはナゼ?

蚊に刺されたあとのあのかゆみ…どう対処すれば良いのでしょうか?(©cristi180884-123rf)

 蚊に刺されるとかゆいのはなぜでしょうか? 蚊は皮膚に止まって血を吸うとき、そこに唾液を注入します。この唾液には血を固まりにくくする作用を持つ成分など、さまざまなものが含まれており、これに対してアレルギー反応が起こります。アレルギー反応として炎症が起こった結果、かゆみや腫れが生じるのです。

 かゆみを引き起こすのは主に肥満細胞から分泌される「ヒスタミン」という物質。かゆみ止めの抗ヒスタミン剤はヒスタミン受容体と先に結びついてヒスタミンをブロックすることで反応を抑えます。

皮膚に傷ができるほど爪で「×」をつけるのはNG!

傷ができるほど掻きむしったり、爪で跡をつけるのはNG。(©ginasanders-123rf)

 蚊に刺されたときは、ついボリボリと掻いてしまいがち。でもそれで治まるのは一瞬で、掻いた後はよけいにかゆみが強くなってしまいます。掻くと炎症が広がって悪化したり、傷になるとそこから細菌に感染したり、痕が残ったりすることもあります。同様に、皮膚に爪で「×」をつけるのも、傷になり感染の可能性が高まるため避けましょう。

 また、特に皮膚が弱い子どもは、刺されたところを強く掻きむしると、引っ掻き傷が悪化して水ぶくれになってしまうことがあります。傷から細菌が入り、「とびひ(伝染性膿痂疹)」になることもあるので注意しましょう。