副業は本業にプラスの影響をもたらすことも

 希子さんは、これを副業として申請するかどうか迷いました。そもそも、本業とは関係のない内容です。Webサイトを開設したからといって、お客さんがくるかどうか全く見当もつきません。しかし、副業をするときは会社に申請するルールとなっているため、担当部門へ申請をしてから始めることにしました。

 ショップサイトを簡単に作れるツールもそろっていたので、思ったより簡単にサイトを開設することができました。世界に一つしかない天然ジュエリーというコンセプトと、それに至る希子さんの熱い想いを載せて。

 友人らがSNSを通して紹介してくれたおかげで、少しずつ注文が入るようになりました。今のところ売上は月3~5万円ほどで、経費を差し引くとあまり手元に残るお金はありませんが、会社以外の場所で、自分がお金を稼ぐことができるということは、自信になりました。

自分が主役の「もう一つの仕事」は、希子さんにプラスの影響を与えてくれました (C) PIXTA

 希子さんにとっては大いなるチャレンジであり、「もう一つの仕事」は、生活に張りを与えてくれています。

 また、自らショップ運営をすることで、企業活動の一連のサイクルを経験することができ、様々な発見もありました。これまでよりもっと大きな視点で仕事を捉えることができ、本業にも生かされていると実感しています。