こんにちは。「ワークルールとお金の話」の社会保険労務士 佐佐木由美子です。年次有給休暇を使って旅行を……と思っていたら、あると思っていたはずの年休が消えてしまっていた! という香澄さん。一体、どういうことでしょうか?

私の年休が消えた!

 今の会社に入社して、8年目の香澄さん(33歳)。昨年、友人に誘われて初めて海外へ行きました。行き先は、地中海に浮かぶマルタ島。リゾート地としても名高い場所ですが、目的は語学を学ぶためのショートステイ。生まれて初めての海外、それも語学留学という経験は、香澄さんにとって非常に新鮮で、今年も絶対に行こうと決めていました。

(C)PIXTA

 頼みの綱は、手持ちの年次有給休暇(以下「年休」といいます)です。それまで年休を使うことがほとんどなかったので、あとどのくらい残っているか、まったく気にすることはありませんでした。しかし、今年も旅行で2週間も会社を休むとなると、自分の年休はどのくらい残っているのか、急に気になり出しました。

 香澄さんの会社は、毎年4月に年休が一斉に付与される制度になっています。昨年は40日あったので、今年も40日あるだろうと思って勤怠システムをチェックしてみたら…なんと、20日しかありません。

 「えっ……?」 香澄さんは目を疑いました。あると思っていたはずの、あと20日の年休はいったいどこへ消えてしまったのでしょうか?