賞与が多ければ、有利になるか? 原則と例外

 給与の場合、健康保険と厚生年金保険料は、「標準報酬月額」を基に算出しますが、賞与の場合は、実際に支払われた賞与額(税引き前の総支給額)から1000円未満を切り捨てた額(=標準賞与額)に健康保険・厚生年金保険の保険料率をかけた額が天引きされます。

※標準賞与額は上限あり。健康保険では年度の累計額573万円(年度は毎年4月1日から翌年3月31日まで)、厚生年金保険は1カ月あたり150万円まで。

 さらに、税金も控除されるため、総支給額と比べて、手取り額は少なくなってしまいます。上述のように、賞与でも社会保険料が天引きされているなら、出産手当金にもプラスに反映されるものと思ってしまう方がいても不思議ではないでしょう。

 ところが、出産手当金を計算するときに、基準となるのは各月の標準報酬月額(給与)のみで、賞与の支給額は含まれません。健康保険から支給される「傷病手当金」についても同様です。

 ここでいう賞与とは、年3回以下の賞与を指しています。賞与が年4回以上支給される会社では、標準報酬月額の対象となるため、出産手当金や傷病手当金を計算するときは、賞与の額も反映されることとなります。一般的には、賞与が年3回以下の会社が多いのではないでしょうか。

 ただし、年金額を計算するときは、話は別です。年3回以下の賞与であっても、徴収された厚生年金保険料は、将来もらえる年金額に反映されます。年金額の算出に反映されるなら、出産手当金のような給付も反映されると思われがちですが、違うというところが、ある意味盲点といえる部分です。