見た目のインパクト抜群のりゅうちぇるさん。そして、パートナーのぺこさん。今ではテレビには欠かせない人物といっても過言ではないでしょう。西森路代さんがりゅうちぇる人気を考察します。

キラキラしたりゅうちぇるに釘付け! イラスト/川崎タカオ

 去年あたりから、ジェンダーレス男子という言葉がよく聞かれるようになりました。同時に原宿系ファッションの男の子や、ツイッターのカップル共有アカウントなどが話題になり、そうした要素を持つ若者がテレビに求められるようになっていったように思います。

 そんな空気を受けて、タレントはその席を目指し、またテレビ側も、その席に誰かを座らせようと、さまざまな人物を見つけてきては出演させてきました。現在活躍中の藤田ニコルさんも、テレビに出始めた当初は、その当時つきあっていた彼氏と共に出演していたこともありました。

 そんなときに突如テレビに現れた、りゅうちぇるさんとぺこさん。当初は、ぺこさんがカリスマモデルで、また実家がお金持ちという、テレビで紹介しやすい話題があり、そしてその彼氏も原宿系で、キャラクターが強いということで、テレビにとっては願ってもない、引きのあるキャラクターと判断されたのだと思います。彼らをフィーチャーしたのは、藤田さんと彼氏がカップルで出演していた『行列のできる法律相談所』でした。

 彼らがテレビに出てきた当初は、今の若い世代には、こんな人たちもいるのか……くらいの気持ちで見ていましたが、今ではテレビには欠かせない人物になりました。こうした世の中の流行を世間に知らしめる役割を引き受けて、それでもなお消費されるだけに終わらず、出演し続けるというのは、見ているよりもずっと大変なことだと思います。