いつもテレビ番組に登場していてみんなが気になる人物といえば、黒柳徹子さんもその一人でしょう。「たまねぎ頭」の黒柳さんに子どもの頃から親しんでいる読者の方もいるのではないでしょうか。今回は、黒柳さんの色あせない魅力について西森路代さんが考察します。

『窓際のトットちゃん』から『徹子の部屋』まで

 私の一番古い黒柳徹子さんの記憶は、1981年に自伝的物語の『窓際のトットちゃん』がベストセラーになった時か(累計800万部、戦後最大のベストセラーだそうです)、TBS系列のテレビが見られない愛媛で、アンテナを立てて電波が届くようになって見た、音楽番組の『ザ・ベストテン』かのどちらかだと思います。とにかく、物心ついた時から、黒柳さんはテレビの第一線で活躍していて、当たり前のようにメディアの中に存在していました。

 そして、初めて認識して何十年もたった現在も黒柳さんはテレビに毎日出ていて、その印象がほとんど変わりません。それどころか、いつでも新鮮な話題を提供し続けている人というイメージすらあります。

 最近の黒柳さんといえば、福山雅治さんに勧められて「インスタグラム」を始めてネットでも注目が集まりました。また、NHKドラマ『トットてれび』で満島ひかりさんが黒柳さんを演じたことでも話題になりました。

最近始めたインスタグラムでは黒柳さんワールド満開のオフショットを披露 イラスト/川崎タカオ

 ちょっと前には、独身の黒柳さんが、結婚情報誌『ゼクシィ』のCMに出たり(2012年)、レディ・ガガと『徹子の部屋』で共演したり(2011年、ガガが妙に黒柳さんにシンパシーを感じていそうなところも興味深いものがありました)しました。バラエティ番組『アメトーーク!』では、徹子の部屋に出演した芸人さんたちがその時のことを振り返る「徹子の部屋芸人」(2008年、2009年、2011年)が放送され、黒柳さんの奇想天外な番組での反応が話題になったこともありました。