注目のきっかけは「人見知り」

 2008年の『M-1グランプリ』をきっかけにブレークした当時は、どちらかというと分かりやすいキャラクターを備えていた春日俊彰さんの方が注目されていました。

 その後、若林さんがテレビで徐々に持ち味を発揮するようになってから、彼らはコンビとしてさらに成長していきました。

 若林さんが注目されるようになったきっかけは、『アメトーーク!』の「人見知り芸人」という企画に出演したことです。

 若林さんは番組内で自らこの企画をプレゼンして、実現に至りました。

 ここでは、楽屋で他の出演者と一緒になっても話しかけることができず、会話を避けるために若林さんが普段どうしているか、といったことが面白おかしく語られました。

 目の前にあるペットボトルのラベルを読み込むふりをしたり、指のささくれを取るふりをしたり、あの手この手で人とかかわることを避けようとしていることが明らかになりました。

 この企画は反響を呼び、若林さんは「人見知り芸人」の代表的な存在として知られるようになりました。

 芸人はみんな普段から明るく楽しくおしゃべりなものである、という世間のイメージを覆したことで、強いインパクトを与えたのです。

 若林さん自身も、人見知りであることは芸人としての欠点だと思っていたので、それを率直に話すことがテレビでこれほど受け入れられるとは予想していなかったようです。

 人見知りにもいろいろなタイプがいますが、当時の若林さんは自分に自信がなかったせいで極度の人見知りになったのではないかと思います。

(C) PIXTA

 ご本人が話すところによると、彼の母親は口うるさいタイプで、頭ごなしに子供のやることなすことを否定しがちだったようです。

 そのため、若林さんは健全な自尊心を持つことができず、自分を否定しながら生きてきたのではないでしょうか。