「イェェェーーイ!!」と大声を張り上げる、一度見たら忘れられないハイテンション芸が話題のサンシャイン池崎さん。お笑い評論家のラリー遠田さんは、そんな池崎さんを「少年マンガに出てくるスーパーヒーローのよう」と評します。一体どういうことなのでしょうか――。

(C) PIXTA

 ピコ太郎、ブルゾンちえみなど、最近ブレークしている芸人の中には、一般の人が思わずまねしたくなる感染力の強い芸風やキャラクターを持っている人が目立ちます。

 ピコ太郎さんの「PPAP」のパフォーマンスは世界中で受け入れられていて、動画サイトには無数の動画がアップされています。

 ブルゾンちえみさんに関しても、その髪形やメイクやネタをまねしてツイッターやインスタグラムに動画や画像をアップする人が続出しています。

 そんな中で、一風変わった独特の広まり方をしているのがサンシャイン池崎さんです。

 最近、彼が大きく注目されるきっかけになったのは、昨年末の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)に出演したことでした。

 池崎さんは、科学研究所の所長という役回りで登場しました。

 そして、それに続いて出てきたのが、彼とそっくりの格好をした俳優の斎藤工さん。

 斎藤さんは「サンシャイン斎藤」を名乗り、キャッチフレーズをハイテンションで絶叫して、ダウンタウンをはじめとするレギュラー陣を爆笑の渦に巻き込んでいました。