今年も女性の芸人さんの活躍が目立っていました。恋愛や結婚の話を求められがちな彼女たちの恋愛事情は、どうなっているのでしょうか。女芸人とのトークイベントなどを数多くこなし、時には彼女たちと真剣に向き合ってきた、お笑い評論家のラリー遠田さんが冷静に分析します。

女芸人の恋愛の特徴とは? (C) PIXTA

 ここ数年のお笑い界は「女芸人の時代」と言っても過言ではないかもしれません。おかずクラブ、平野ノラさん、ブルゾンちえみさん、ゆりやんレトリィバァさん、尼神インターなど、毎年のように新しい女芸人が現れて、スターになっています。今年はついに女芸人限定のお笑いコンテスト「女芸人No.1決定戦 THE W」の開催も発表されました。テレビ業界でも女芸人の需要はますます高まっています。

 女芸人はテレビの企画などでも恋愛や結婚の話を求められます。さて、そんな女芸人の皆さんは、いったいどんな恋愛をしているのでしょうか? もちろん人によってさまざまなケースがあるのですが、ここでは私がこれまでに調べたり、話を聞いたりした経験から一般論として語っていきたいと思います。

 まず、女芸人の恋愛の特徴は「職場恋愛が多い」ということです。お笑い界は男性が大半を占めている男社会です。その中では、圧倒的な少数派である女芸人は、それだけで特別な存在になります。工業高校の女性や、男性の割合の高い文化系サークルに在籍する女性と同じです。

 実際、お笑いライブに出ているような女芸人の中では、男芸人と付き合っている人の割合が高いような気がします。また、たとえ付き合っていなくても、アキナの山名文和さんが好きだと言っているゆりやんレトリィバァさん、藤崎マーケットのトキさんが好きだと公言している尼神インターの誠子さんように、特定の男芸人を恋愛対象として見ている女芸人は珍しくありません。

 お笑い界は「とにかく面白い人が偉い」という純粋な競争社会であるため、女性が性別だけを理由に差別されることはありません。男芸人は女芸人のことを対等な競争相手として尊重しています。また、人を笑わせるということを職務としている男芸人は、もともとサービス精神が旺盛で紳士的な人も多い。そういったことに感激して、恋愛感情が芽生えることがあるのだと思います。