生まれ育った土地へのUターンのみならず、大都市から縁の薄い地方へIターンしたり、ONとOFFで

二拠点暮らしをしたりする女性たちが今、増えています。しっくりなじむ土地を見つけ、移り住んで

「地元=LOCO 」にしていく──それが「LOCOガール」スタイル。

自分らしく暮らせる場所を、そして働き方、生き方を選びたい、そんな思いが芽生え始めたプレLOCOガール

たちのためのツアー企画第3弾、はじまります!

LOCOハンツアー第3回目の行き先は、大分県日田市!

 第3回目のLOCOハンツアー、目的地は大分県日田市!豊かな水郷の町であり、古くは天領地として栄華を誇ったこの地の自然や伝統に触れながら、日田市のLOCO力&魅力を体感できるこのツアーに、日経WOMAN読者を抽選でご招待します。

日田市ってどんなとこ?

 九州のほぼ中央に位置する大分県日田市は、天領地の面影を残す町並み、豊富な水資源、伝統工芸に旬を生かした食文化など、自然と歴史、文化が混然一体となった魅力を 放っている。さらに注目したいのが、女性と暮らしに優しい行政支援だ。2011年度からは、「ひた女性人材育成倶楽部“キアラ”」を立ち上げ、毎年研修を実施。また、空き家バンクを活用して移住者に対する補助金制度を整えるなど、働く女性の暮らしと移住を積極的にバックアップ。

LOCOハンの見どころポイント

水の都で、手つかずの
自然にのんびり安らごう

 九州最大の河川・筑後川の源流域にあたるのがここ日田エリア。ミネラルウオーターとしても知られる日田の清らかな水と、山々に抱かれた美しい自然は心までキレイにしてくれそう!


山あいの地に薫る天領文化
伝統が持つパワーに触れて

 江戸時代、幕府の直轄地(天領)として栄えた日田には、今なお当時の面影を色濃く残す町並みが。若い女性のファンも多い小鹿田焼(なんと一子相伝!)といった伝統工芸も要チェック


水郷の温泉地を彩るのは
なんと色とりどりの屋形船!?

 多くの文人墨客を魅了した日田の温泉地。川面を吹きわたる風を感じながら堪能する「美肌の湯」。行きかう優雅な屋形船の明かりも温泉情緒をぐぐっとアップしてくれます!


こちらのツアーの募集期間は終了しました、ありがとうございました